【激撮】心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

樹齢4000年を超す驚異の木・ブリスルコーンパイン

2017.03.15 WED

激撮
ナショナル ジオグラフィック日本版
画像提供:ナショナル ジオグラフィック日本版(PHOTOGRAPH BY DIANE COOK AND LEN JENSHEL/National Geographic)
木の年輪は過去の気候を物語る―そう考えたエドモンド・シュルマンは「最高齢の木」を求めて米国西部で調査を重ね、ねじくれた枯れ木のようなマツ科の木、ブリスルコーンパインに出合った。「メトセラ」と名づけたその木には、1957年の時点で4789本の年輪が刻まれていた。7年後、ネバダ州で別の研究者が切り倒したブリスルコーンパインの年輪は4862本。最高齢の木だったとわかったときには後の祭りだった。

(ナショナル ジオグラフィック2017年3月号特集「樹木のパワー」より)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト