裁判傍聴マニアが見たチョコボール裁判

2度の逮捕は見せしめか?チョコボール向井の受難

2004.07.29 THU

「被告人は六本木の『ロック』というハプニングバーで、『チョコボール向井のSEX講座』と銘打って、大勢の客の目前でわいせつな行為に及んだ」。これは6月10日に行われたチョコボール向井氏の初公判で、検察官が読み上げた起訴理由の概要です。罪名は公然わいせつ。でも、この逮捕劇ってのはどう考えても見せしめにしか思えないんですよ。だって被害者が存在しないし、男女がみだらなことをして他の客に見せるハプニングバーなんてのは多数あるんだから。

まぁ、逮捕したからには、検察はものすごく怒っているのでしょう。当然、裁判でも厳しく追及すると思っていたのに、まさかこんなやる気のない裁判になろうとは…。

最大の見せ場である被告人質問でのこと。

弁護人「あなたはこんなことをして捕まるとは思ってなかったの?」

被告人「わかってはいましたが、認識が甘かったと反省しています」

弁護人「仕事の方はどうなっているの?」

被告人「この事件がマスコミに出てからキャンセルが相次ぎまして、金額的にはかなりの損害になっています…」

弁護人「経済的制裁は受けているわけだ」

という感じで、被告人も真剣になって反省の弁を述べると、次は注目の検察官からの質問です。どんなキツイことを言われるのかと、思わず前のめりになって聞くと…

裁判官「じゃあ、次は検察官、どうぞ」

検察官「あ、私はいいです」

って質問を断ったんだよ。声には出さないものの、満席の傍聴席は「え~っ?」って感じですよ。今まで数多くの裁判を傍聴してきたけど、検察官が質問しない被告人質問なんて初めて見ました。

後日、判決も見に行ったのに、なんとチョコボール氏の再逮捕(児童ポルノ禁止法違反容疑)で裁判は中止! 何も結審の前日に逮捕しなくても…。しかも、結局は不起訴処分だし。肩を持つつもりはないけど、振り回された被告人にちょっぴり同情です。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト