サプライズはなかったけど…

安倍新内閣はどんな政治を目指すの?

2006.10.05 THU


安倍新内閣が発足した。組閣前には、サプライズがあるのかないのか、様々な憶測が駆け巡ったが、フタを空けてみれば、総裁選の支持者を重用しつつ、自薦他薦を受け入れる順当な組閣に落ち着いた。「論功行賞」的な面はたしかにあるものの、チーム安倍が目指すベクトルは明確だ。

内政面で注目したいのは、小泉政権からの課題として引き継いだ財政再建への取り組み。今回の組閣メンバーは、緊縮や増税よりも経済成長による財政再建を目指す「上げ潮」派がズラリと並んでいる。

その筆頭は中川秀直党幹事長だ。中川氏は、小泉政権下では自身のポストであった「政調会長」をモジって「成長会長」を自負するほどの上げ潮ぶり。また、唯一の民間人として経済財政政策担当大臣に就いた大田弘子氏も、竹中さんの片腕として経済諮問会議を支えた中心人物として知られている。小泉構造改革を継承した政策を牽引していくことが期待されての入閣だろう。

さらに、増税がしたくてたまらない財務省に対しては、財務大臣の尾身幸次氏、官房長官の塩崎恭久氏が強固な防波堤となりそうだ。

では、外交面はどうか。暗雲のアジア外交では、中国との関係改善に積極的な姿勢が見られる。中川幹事長を知中派として中国から歓迎されているし、経済産業大臣に就いた甘利明氏は日中友好議連の幹事長だ。ガス田開発問題の交渉再開などには適任かもしれない。

各マスコミの世論調査によれば、安倍内閣の支持率は軒並み60%を超える高支持率をマークし、国民の期待の高さが伺える。だが、安倍新内閣の最大のヤマ場は、来年の夏の参院選。論功行賞的な組閣には、一刻も早く挙党態勢を確立させたい安倍総理の願いもあるにちがいない。郵政造反組も、年内には復党する見込みが濃厚だ。

安倍自民VS小沢民主の戦いの火ぶたが、この秋の臨時国会から切って落とされる。 

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト