何号まであるか、知ってる?

あぜ道、海の上の道…国道にまつわる小噺を一席

2006.10.19 THU

タクシーに乗っているとき、ふと疑問に思ったことがある。「国道って何号まであるんだろう?」さっそく調べてみると、一般国道は1号から507号までだった。ただし、59号~100号は道路法改正時に廃止、109号、110号、111号、214~216号は既存の路線に統合されたため、48路線は欠番なんだって。じゃあ、国道と県道との違いは何だろう? 関東地方整備局「道の相談室」に聞いてみた。

「国道は、都道府県庁所在地、さらに政治、経済、文化上で特に重要な都市を結ぶ道路です。高速自動車国道と併せて、全国的な幹線道路網を構成しています。分かりやすくいうと、国道は国土の大動脈ですね。一方、県道は地方の幹線道路で、主要な市、町や観光地などを結びます。こちらは現在、全国で1万3400路線あります」

さらに調べると、山道や海の上にある国道を発見。たとえば、289号の一部は舗装もされていない狭い道路なのだ。ここ、自動車の通行が不可ってなっていますけど…マジですか!?

「国道289号は、新潟市からいわき市を結ぶ、重要な幹線道路です。甲子山付近は険しい峠に阻まれ、幹線道路の機能を果たせていませんが、たとえ車が通れなくても立派な国道です。現在は、甲子山を貫きトンネル開通工事を実施中で、平成20年には開通予定です」(福島県土木部道路領域道路企画グループ)

また、鹿児島市から種子島、奄美大島を経由し那覇市まで続く国道58号は「海の上でもフェリーボートなどで、道路を結ぶ1本の交通系統としての機能がある」(『道 なぜなぜおもしろ読本』建設技術研究所/編著)とある。このような“海上の国道”は、実は全国に24路線もあるらしい。

気になる女の子をドライブに誘って、運転中に国道の小噺でも一席、いかが? 話がマニアックすぎてドン引きされないよう、トークも運転もすべらないよう安全運転でよろしく~!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト