あれ? 個人情報的には大丈夫だっけ?

小泉メールを引き継いだ安倍メールはオモシロイ!?

2006.11.16 THU

毎週木曜日といえばR25の配布の日。おかげさまで60万部のフリーマガジンになったんだけど、そんなR25にライバル出現!? ナント同じ毎週木曜日に最新号が出て、定期購読者が160万人ていうからスゴイ。ライバルの名前は「アール25」ならぬ「アーベ52」。

うそうそ。実は、今年52歳の安倍新総理のメールマガジン、『安倍内閣メール』がそれ。小泉前総理が「らいおんはーと」なんていう女性のハートをつかむようなタイトルでメールを配信しはじめたのが01年6月。時の総理大臣がメルマガやるってことも驚いたけど、政策だけじゃなくて自分の素顔も書く、ってことで話題性もあり、最盛期の02年1月には230万人近い登録があった。それを引き継いだのが安倍総理のメルマガ。ん? 待てよ、個人情報的にそのまんま簡単に引き継いじゃっていいの?

「総理が交代する時に、読者の皆さんに継続意思の確認メールをしたところ、約1万4000件の“登録解除”の返信がありました」(内閣官房内閣広報室)

さすが、小泉メールの編集長だった安倍さん、ぬかりなし。肝心の中身は、小泉さんが「スポーツ」「夏休み」など、“公約通り”素顔がわかるメールに比べるとややカタい気が…。

「サイトの中で満足度調査を実施していますが、10月19日の調査では満足51.2%、やや満足27.3%という結果がでました。合計で60%の評価をいただくことを目安にしていますのでとても高い反響です。小泉前総理よりも高いんですよ」(同)

どうやらこっちの思惑とは裏腹に(笑)、人気上々みたい。広報室によると、今回からメルマガに加え、総理が官邸内の様々な場所からスピーチする『ライブトーク官邸』なる動画配信も始め、よりストレートに安倍総理の意見が国民に伝わるような挑戦もしているんだとか。小泉メールは“創刊”から250号で「完」。果たして安倍さんのメルマガは何号まで配信できるのか。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト