核保有論が何かと話題ですが…

核の憲法「非核三原則」みんな正確に3つ言える?

2006.11.22 WED


「日本も核保有の議論をすべきだ」。北朝鮮の核実験以来、自民党の中川政調会長や麻生外務大臣がこんな発言をくり返している。しかも、安倍首相までこうした声を容認。まるで日本も核を持つべきと言っているみたいで、なんだか嫌~なムードになってきた。

とはいえ日本がほんとうに核保有国になるわけではない。というより、日本は核を持ってはいけないのだ。中川さんたちが核保有の議論をすべきと言いつつ「非核三原則は守る」とつけ加えたように、日本には「非核三原則」という核兵器に関する基本政策、いわば「核の憲法」があるからだ。

知らない人もいるかもしれないが、この「非核三原則」というのは、1967年に当時の佐藤栄作首相が国会で決議した政府の基本方針で、その内容は、核を「持たず」「つくらず」「持ちこませず」――。核兵器を保持したり、開発したりしないのはもちろんのこと、米国などが日本国内に核を持ちこむことも禁じた国是なのである。

じゃあなぜ核を持ってはいけないのか。その最大の理由は日本が世界で唯一の被爆国だからだが、じつはそれだけではない。核を持てばNPT(核拡散防止条約)を脱退することになる。すると国連安保理による制裁を受け、ウラニウムの輸入先である米国やカナダ、豪州といった国との2国間協定も破棄され、原子力発電所が止まる。そんなことになったら資源のない日本が耐えられるはずがないし、日米同盟も壊れ、米国とも敵対関係になってしまう。つまり、核を持つということはとんでもなく大きな代償をともなうことにもなるわけで、そうなってもいいんですか、という話なのだ。

もともと「非核三原則は守る」と言いながら核保有論を説くのは論理的矛盾がある。ほんとうに非核三原則を守るつもりなら、はじめからそんな議論は必要ないからだ。むしろ必要なのは「なぜ核を持ってはいけないのか」という議論。それなら国際社会も安心するし、逆に国会でどんどん議論すべきテーマかもしれない。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト