もしかしてバブル再来!?

2007年のニッポンを“楽観的”な空想シナリオで…

2007.01.05 FRI

2007年の師走、ボーナスをがっぽりともらったA君は、ウキウキした気分でR25のバックナンバーをめくっていた。1年を通じて読むと、今年の日本の好調ぶりがよくわかる。

懸念されていた原油価格は下落し、FRB(米連邦準備理事会)の金融緩和政策も的中。アメリカ経済は成長に弾みをつけた。バブル崩壊が噂された中国経済だが、オリンピックをひかえ成長に陰りはない。米中経済に牽引され、国内企業の設備投資と個人消費がかみあい安定感がある。日本の景気も拡大を続け、日経平均株価は20000円台を突破。A君のような中規模の会社の業績にも、ハッキリと好景気の影響が現れるようになった。新卒社員、中途社員も増えて、社内は明るい雰囲気に包まれている。雇用の拡大は個人消費を活性化させ、街でも笑顔を見かけることが多くなった。

消費税アップの増税論議も下火だ。そりゃそうだろう。2006年度の一般会計の税収は51兆円。見通しよりも5兆円の増収だった。今年度もさらなる自然増収が見込まれている。07年度の黒字化に必要な財源を、税の増収で穴埋めできることは確実だ。この調子でいけば、税収の伸びが財政赤字を消すのも時間の問題かもしれない。

外交でも明るい1年だった。日中の首脳会談では、歴史認識問題和解に向けて、歴史的な合意が達成され、経済面での協力が強まった。中国は、東シナ海のガス田の採掘を中止して、日本との共同開発を受け入れた。A君は上海に出張するたびに、中国人たちの「親日」を実感している。

6カ国協議では北朝鮮が「非核化」を受け入れ協調姿勢に転換。拉致問題も全面解決に向けて動き出した。

国内にに平和ムードが漂い出したせいか、昨年の核武装議論はウソのように消えていた。R25最新号の表紙に書かれた「LOVE&PEACE」の吹き出し文字を見ながら、A君はボーナスの使い道に思いを馳せていた。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト