自民惨敗で民主党が第1党に!

これからの政治はどうなっていくの?

2007.08.09 THU


「惨敗」「歴史的敗北」―。参院選の翌日、テレビや新聞は自民党敗北をこんなふうに報じた。知っての通り、結果は自民党の大敗で、与党は参院で過半数を下回り、逆に議席を増やした民主党が第1党に。今回の選挙には安倍政権の評価を問う中間決算的な意味合いがあったから、ひとまず安倍さんは有権者に否定されたことになるわけだ。

ではなぜ安倍さんは責任をとってやめないのか。安倍さんは「参院選は政権選択選挙ではないからやめる必要はない」と言っているが、そこにはこんな理由がある。そもそも国会には衆議院と参議院があり、役割や位置づけが違う。たとえば衆院選挙後は必ず内閣総辞職をし、新しい首相を選ぶことが憲法で決められているが、参院選後にはない。これが安倍さんの言う「参院選は政権選択選挙ではない」という意味だ。

そしてもうひとつ。衆議院には参議院に対する「優位性」というのが憲法で認められている。かりに衆議院で可決した法案を参議院が否決したとしても、衆議院は3分の2以上の賛成で「再可決」をおこなうことができるのだ。安倍さんたちの与党は衆議院でその3分の2以上の議席をすでに持っているため、つまり、自分がやめなくても国会運営や政権の維持はじゅうぶんに可能なはず、と安倍さんは考えたのである。

もっとも、衆議院の「再可決」は例外的な手法で、1953年以降はいちどもおこなわれたことがない。もしその「再可決」をバンバンやれば、野党はもちろん世論も反発し、そうなったら支持率はますます低下。今度こそ安倍さんは追いつめられ、衆議院解散・総選挙に踏みきるしかなくなるかもしれない。そのため、今後は与党も重要法案では野党とよく話しあって審議をしていくのでは、といわれているのである。

しかし、いずれにしても重要なのは、それが国民みんなの生活にどう影響するのかということ。参院選の結果とはなんだったのか、自民党にも民主党にもそのへんをよ~く考えてほしいと思うのだ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト