なぜ政治のトップがコロコロ変わるのか

福田首相の1年間と残された課題とは?

2008.09.11 THU



写真提供/新華社/アフロ
福田さんが突然辞任を表明してからちょうど10日。事実上、次の首相を選ぶ自民党総裁選がいよいよ始まった。いつものように新聞やテレビは誰が首相になるかで大騒ぎだけれど、そのまえに振り返っておきたいのが、福田さんがこの1年間、いったいどんな政治をおこない、どんな課題を残したのかということ。

じつは福田さんがやったことは、道路特定財源の一般財源化と消費者庁創設の発案、あとは洞爺湖サミットで議長を務めたぐらいで、実績といえるものはあまりない。むしろ問題になかなか取り組まないので「指導力がない」と批判されたりもした。しかし、そこには少し気の毒な事情もあったのだ。

福田さんが安倍さんの後を受けて首相になったのは、自民党が選挙で惨敗し、参議院で野党が多数派を占めるねじれ国会になった直後。しかも年金記録問題や後期高齢者医療制度など、自民党政権の負の遺産が山積みされたころだった。実際、大連立騒動があったものの、参院で多数派の民主党は全面対決モードで、国会運営はすぐに行きづまり、支持率もどんどん下がり続ける。そのうえ内閣改造をし、さあ臨時国会というときに、今度は連立相手の公明党が政権に距離を置き始め、国会召集日さえも自分で決められない。こりゃダメだと政権を投げ出したのが今回の辞任だったのである。

それだけに、今後誰が首相になっても政権運営はうまくいかないといわれている。福田さんが残した政治課題はたくさんあって、辞任直前にとりまとめを指示した総合経済対策をはじめ、社会保障関連法案や補給支援特措法の延長問題。また、改革か財政再建か、景気対策が先か、消費税率の引き上げをどうするという議論もある。だが、衆参のねじれという構造的問題がある以上、やっぱりいちばんの課題とは新しい首相のもとで総選挙をおこなうこと。総理大臣の「総理」とは、「総てを管理」、つまりすべてをコントロールするという意味。政治のコントロールを取り戻すには国民みんなのジャッジをあおぐしかないのだ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト