エコと経済のビミョーな関係

第6回 次世代エコカーくださ~い!

2009.06.09 TUE

エコと経済のビミョーな関係


企業の参加も普及のカギ。日本郵政グループの郵便事業株式会社が、所有する約2万2000台の業務用貨物車両を電気自動車に切り替えることを決めたそう。こうした動きは普及に向けての原動力になると期待されています。

ハイブリッドの次は電気!?課題克服で目指せ! パーフェクトカー



私事で恐縮ですが、本気でエコカーへの買い替えを考えています。世の中的にもクルマのエコ替えは人気のようで、2大ハイブリッド車のトヨタ「プリウス」とホンダ「インサイト」の受注も絶好調。今月発売された新型プリウスは、発売前から11万台という異例の規模の受注だったそうです。となると、やっぱりハイブリッド? でも、ガソリンを使わない電気自動車にも惹かれちゃう。
で、電気自動車って具体的にはどんなクルマなんでしょう? 一般社団法人次世代自動車振興センターの陶山由美子さんに伺いました。

「エンジンの代わりにモーターと制御装置を使い、ガソリンの代わりにバッテリーに蓄えた電気で走ります。走行中は、静かで排ガスをまったく出さないので、地球環境に貢献できる車といえます。また、ガソリン代に比べて電気代は約3分の1で済むので経済的で、電力会社が提供する料金プランによっては夜間時間帯の充電で最大9分の1程度になる場合もあります」

環境のことを考えたら、将来的には脱・化石燃料!ですよね。しかも、財布にもやさしいなんてうれしい限り。でも実際に電気自動車に乗れるのって、もう少し先の話ですよね?

「実は、原動機付自転車、軽自動車は実用車としてすでに販売されていて、国からも補助金が出ています。試験車両も実用化が進み、夏以降には一部発売予定です」

じゃ、買い替えは夏まで待った方がいい?

「一般の方は、インフラ設備が整って車種が増えたころに購入を考えるのもひとつの手だと思います。今年は、国や自治体、企業が連携し普及啓発をスタートさせますので、電気自動車にかかわる課題も少しずつクリアにしていけると思います」

いったいどんな課題が?

「航続距離、インフラ設備、充電時間です。発売予定の電気自動車は、1回の充電で走行できる距離が約80~160kmです。充電は家庭用コンセントを使用し、フル充電までにかかる時間は約5~14時間、急速充電器を使用した場合は約15~30分で80%の充電が可能です。航続距離を伸ばすには、バッテリー性能の向上と外出先で充電できるインフラ設備が必要で、現在は一部の大手ショッピングモールや首都高のパーキングエリアなどの駐車場で実験的に設置されている段階です」

陶山さんは、普及に向けた国の実証実験モデル事業「EV・pHVタウン」構想が後押しになると期待しているそう。構想に基づいて今年3月には、東京、神奈川をはじめとする6つの自治体が実施地域に決まり、急速充電スタンドの設置や補助金制度の導入など普及に向けて動き出しました。

ちなみに、欧州では先進的な取り組みがされていて、パリ市内にはすでに約200カ所の充電スタンドが設置されているうえ、サービス圏内なら設置された充電ステーションへの乗り捨て自由という会員制の電動レンタカーサービスが展開されている街もあるそう。
アメリカ・オバマ大統領も先日、「プラグインハイブリッドカーを2015年までに100万台走らせる!」なんて発表をしていましたけど、さて、このプラグインハイブリッドカーって?

「家庭の電源からも充電できる機能を備えているハイブリッドカーで、電気自動車の仲間です。日本でも今後発売に向けて動きが出てくると思います」

ガソリン代も節約になって環境にもよりやさしくて、エンジンを搭載しているから充電切れでも走れるなんて心強い限り。ハイブリッドカーがどんどん電気自動車に近づいていく感じですね。

「電気自動車は環境対応やエネルギー多様化にはとても優れた車ですが、一充電あたりの航続距離や価格の課題が残されています。それぞれのニーズで車種を選択していただければと思います」

猛スピードで開発が進むエコカー。大きな渦の中にいるようで、選ぶのがますます難しくなっちゃったかも。いずれにしても、その動向からは目が離せません!
あまり知られていないが、同じ大型リチウムイオン電池でも、現行のハイブリッド車用と電気自動車用では蓄電容量や持続力が格段に違うまったくの別物。ガソリンに頼らず走る電気自動車用は必然的に高性能になる。エリーパワー社製大型リチウムイオン電池(写真)は高性能で、クギが刺さっても爆発はおろか煙も出ない世界初の安全設計も施されている。

電気自動車が災害時に大活躍!?カギを握る大型リチウムイオン電池



化石燃料を使わない次世代エコカーとして期待がかかる電気自動車。普及に向けて世界各国が動き始めていますが、課題も山積みです。近々発売予定の電気自動車は、1回の充電で走行できる距離が約80~160kmと、少々心もとない感じ。とはいえこの問題は、ガソリンスタンドのように、ポイントごとに充電ステーションを設置すればクリアすることが可能。残るは価格です。ハイブリッドカー同様、初期はそれなりに高額で発売されるだろうという見方が関係筋でも有力ですが、低価格の実現はやっぱり量産にあるんでしょうか?

「大型リチウムイオン電池を量産できれば価格は下がります。携帯電話などに使われている小型電池はすでに大量生産体制が確立して価格低減に成功していますが、電気自動車などにも使用される大型リチウムイオン電池は、これまで衛星など特殊用途の受注生産で利幅が十分にあるため、あえて量産に踏み切る必要がなかったのです。日本のリチウムイオン電池メーカーの技術は世界トップレベルですが、国が全面的に支援し育てている中国のリチウムイオン電池メーカーに生産量では負けている状況です」

そう語るのは、エリーパワーの代表取締役社長、吉田博一さん。吉田さんは、慶應義塾大学が開発した電気自動車「エリーカ」の開発統括責任者として携わり、現在はエリーパワー社長として電力貯蔵用大型リチウムイオン電池の量産化を目指しています。

「電気自動車普及へのもうひとつのカギは標準規格化です。タンクの形状を変えればどんなクルマにも補給できる液体のガソリンと違い、有形のリチウムイオン電池は、規格がバラバラでは市場の動きに合わせた商品開発など柔軟な対応ができません。当然、普及の妨げになります」

電気自動車に興味津々の身としては、ぜひとも量産化&標準規格化を成功させてほしいんですけど、量産するようになったらなったで資源のことも心配です。

「原料のリチウムは残念ながら日本ではとれません。原産国は中国や南米ですが、資源量も豊富で枯渇の心配はまずないでしょう。大型リチウムイオン電池は約10年と長寿命なことに加え、リサイクルもできるので環境負荷は小さいと思っています。有害物質の鉛や、小型のリチウムイオン電池に必須のレアメタルも使用していません」

ちょっと安心しました。どうせ乗るなら、できるだけエコな方がいいですからね。

「温暖化対策でいえば、省エネではCO2削減の抜本的解決に限界がありますが、これからは再生可能エネルギーなどでの創エネ、そして大型リチウムイオン電池など二次電池による蓄エネの時代です。電気自動車に搭載している大型リチウムイオン電池も蓄エネのひとつなので、太陽光発電と組み合わせることで日中の発電を電気自動車に蓄電し、夜間に家庭の電力として使うことも可能です」

電気自動車にはフル充電で家庭2日分の電力をまかなう能力もあるそうなので、災害時の停電なんかでも威力を発揮しそう! 電気自動車に蓄電設備としての可能性もあったなんて、目からウロコです。

「電気自動車の中身は完全に電気製品ですから、ITを駆使した自動操縦などの実現もできるはずです。行き先をセットしたら、目的地に着くまでゆっくり新聞を読む、なんていうSFの世界のようなことも夢ではないかもしれませんよ」

聞いているうちに、なんだか自動車の概念を超えてしまいそうな気がしてきた電気自動車。やり方次第では、次世代エコカーとして爆発的な普及を遂げる可能性だって秘めているかも。と、その前に、まずは大型リチウムイオン電池の量産&標準規格化! ぜひとも頑張ってほしいです! 私の場合、買い替えがかかっているからなおさらですが、
それを抜きにしても次世代エコカーの動向はおもしろい!


なかでも、これまでの自動車と大きく異なる電気自動車が、
今後、裾野の広い自動車業界にどんな影響を及ぼすのか、
乗り物以外の用途をどのように広げていくのか。
様々な業界・業種に影響が出そうなだけに、
ほんっとに目が離せません。


で、結局?
どのクルマに買い替えるのか?
う~ん決まりませ~ん!


エコに関するちょっとしたギモンや
気になるトピックなどの投稿をお待ちしていま~す!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト