ネット界の“旬”なニュースをお届け!

奇跡!41年前に手放した楽器をネットオークションで発見

2009.12.21 MON

噂のネット事件簿


ゴドリーさんが見事コルネットを発見したeBay。日本からは撤退している ※この画像はスクリーンショットです
 イギリスの66歳の女性が、41年前に手放した楽器をオークションサイトで発見し、話題になっている。

 これはイギリスに住むシンシア・ゴドリーさんに実際に起きた話。現在66才のゴドリーさんは、41年前、やむにやまれぬ事情から愛用していたコルネットを手放してしまった。しかし、つい最近オークションサイトの「eBay」を見ていたゴドリーさんは、41年前にまさに自分が手放したコルネットがオークションに出品されているのを発見。そして彼女は無事コルネットを落札し、めでたく41年ぶりにコルネットとの再会を果たした。 コルネットの箱の形が特徴的だったため、一目で自分のコルネットだと確信したのだという。

 ゴドリーさんのケースは偶然が生んだ美談だが、ネットオークションでは時に事件が発生することもある。今月の初めには、俳優のシルヴェスター・スタローンが「15年前に盗まれた車をオークションサイトで発見」というニュースが報じられたが、ここ日本でも、今年だけでも「トラックの部品」「バイクのマフラー」「高級ブランド財布」などを盗んでネットオークションに出品した者が逮捕されるという事件が起きている。

 中でも「高級ブランド財布」の事件では、財布を盗まれた大学生が「絶対ネットオークションに出されるはず」と予想。注意深くネットオークションをチェックしていた大学生は、案の定出品された財布を発見し、落札をした後に通報して、犯人が捕まったという。ゴドリーさんは嬉しい出会いだったが、この大学生のようなケースもある。「探し物はネットオークションをチェック」が、これからの時代の鉄則かもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト