ネット界の“旬”なニュースをお届け!

偽レコード会社がPerfumeの音源をiTunesで無断配信の怪

2010.02.03 WED

噂のネット事件簿


現在はダウンロードできなくなっている ※この画像はスクリーンショットです
Perfumeのアルバム『GAME』の音源が、所属レコード会社の許可なくiTunes Storeにて有料配信されるという事件が起きた。

無断配信が発覚したのは1月31日のこと。本来PerfumeはiTunesでの楽曲配信をまったく行っていないはずなのに、アルバム『GAME』の全12曲から「ポリリズム」を除いた収録曲11曲が、なぜかiTunes Storeで購入できる状態になっていたのだ。販売価格は1曲が150円。アルバムで購入すると1500円だった。

配信元となっていたのは、レコード会社の「徳間ジャパン」ではなく「Tukuma Japan Communications(ツクマジャパン)」という、いかにもバッタもの臭いネーミングの謎の会社。それだけでもう十分すぎるほど怪しいのだが、その他にも曲の説明がすべて英語だったり、作者名が非公開になっていたりなど、どう考えても疑わしい材料ばかりだった。さらに、「Baby Cruising Love」という曲名が「Naby Cruising Love」と間違っていたり、「Plastic Smile」という曲が「Plastic」に省略されていたりと、本物に見せかけているにしては、ちょっとずさんすぎるくらいのミステイクも目立っていた。

この偽レコード会社による不可解な楽曲配信はすぐさまネット上でも話題になり、多くのユーザーたちが「完全に違法アップロードでしょう」「こんなのダウンロードしたくない…」と否定的な意見を述べていた。しかし、どこからどう見ても偽物とわかる状況を不自然に思ったのか、「こんな露骨な偽物はありえない。もしかしたら、著作権なんかも実はクリアした上で、何か裏があっての配信なのでは?」などと、深読みする意見も出ていた。

この状況に対し徳間ジャパンは、レコード会社内のPerfumeのホームページ上にて、「現在、iTunes Storeで配信されているPerfumeの音源は違法にアップロードされたものであり、弊社とは一切関係ございませんのでご注意願います。現在、原因を調査中です」とコメントを発表。結局のところ「Tukuma Japan」は偽物だったのだ。なんとも当然の結論に行き着いたわけだ。

その後、2月1日になってiTunes StoreからPerfumeの音源は姿を消し、購入できなくなった。これに対し徳間ジャパンは、同じくPerfumeのホームページ上で「1月31日付けでお知らせしたiTunes Storeの違法アップロード音源は、弊社の要求により購入不能となりました。詳細は現在調査中です」とコメントした。

それにしても、音楽ファイルが違法なコピー商品として大手ダウンロードサイトから配信されてしまうという例は今まであまり聞いたことがない。一体どこの誰がどういう理由で、そしてどういう経路で、Perfumeの音源をiTunes Store上で販売できるようにしたのか、とても気になるところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト