ビジネスマン身だしなみ講座

第11回 肩に散らばる「フケ」を減らす方法は?

2010.02.17 WED

ビジネスマン身だしなみ講座


頭皮のトラブルに悩む男性客も多く訪れる、「ジャック・モアザン」新宿店。担当者いわく、「睡眠不足やストレスも頭皮が荒れる原因になります」とのこと。健康的な生活習慣がフケを撃退する! 【取材協力】ジャック・モアザン

頭皮の“肌荒れ”がフケを招く



スーツ着用のビジネスマンにとって、ことさら気になるのが肩に落ちたフケ。満員電車などで、すぐ鼻先に他人のフケが散らばっているのは、なんとも不快なものである。頭をバリバリかきながら名推理を繰り出す金田一耕助のフケだって、決して美しいものではない。

このフケとは、そもそも何だろう? 頭皮に悩む男性顧客も多く訪れるというヘアーサロン「ジャック・モアザン」に聞いてみた。

「フケとは、代謝やダメージによって剥がれ落ちた頭の皮質です。フケには乾燥型と脂性型の2種類ありますが、スーツの肩口にぱらぱら落ちているのは前者ですね。これは主に、髪の洗いすぎやドライヤーのあてすぎによって発生するケースが多いです」(ヘアーカッティングガーデン ジャック・モアザン 新宿店)

頭皮も肌と同じで、乾燥は大敵。頭皮の脂質不足がフケ発生の原因となるのだ。
シャンプーやリンスの中には、頭皮ケア用の製品もある。美容室などで相談してみよう。写真は「ジャック・モアザン」を経営するソシエ・ワールドのオリジナル「リアージュ スキャルプシステム」。
「洗髪時に、シャンプーをしっかり洗い落とすことも重要です。シャンプーに含まれる界面活性剤が頭皮に付着し続けることは、大きなダメージになります。リンスにしても、基本的には地肌ではなく髪に塗布するために作られたものですから、一部の特殊な製品を除いて、やはり頭皮に残るのは好ましくありません。洗髪の際はしっかりと髪に指を通し、地肌をやさしく洗ってください」

シャンプーにも脂性肌用、乾燥肌用と様々ある。まずは自分の肌質を知り、適切なシャンプーを選ぶのが一番。自己判断が難しければ、通っている美容室で聞いてみるのもいいだろう。

「頭皮が生まれ変わるサイクルは、およそ28日といわれています。ですから、フケに悩んで新しいシャンプーに変えた時などは、はっきりと改善が見られなくても1カ月は使い続けてみることをお勧めします」

また、体質にもよるが、フケが発生しやすい季節というのもあるという。秋から冬にかけては、夏に浴びた紫外線のダメージが表れる時期で、頭皮が剥がれ落ちやすい。空気が乾燥してくることもマイナスに働く。

そして最後に、頭皮トラブルの大きな原因として、「髪が濡れたまま眠ること」を担当者は指摘する。

「湿った髪のまま床に就くと、枕や地肌との摩擦で、頭皮や髪の毛が傷つきます。これはフケのみならず、抜け毛の原因にもつながりますから、洗髪後はしっかりと乾かしてから眠ってください」

つまり、風呂あがりのドライヤーは、乾かしすぎず・湿りすぎずの適度なさじ加減が大切なのだ。 取材協力先・投稿募集はこちら 男の身だしなみについて、気を使っていること、知りたいことなどありましたら右下の投稿ボタンからお願いします

ビジネスマン身だしなみ講座

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト