ネット界の“旬”なニュースをお届け!

見知らぬ人とのビデオチャットを楽しむ「Chatroulette!」が人気爆発

2010.02.22 MON

噂のネット事件簿


これがYouTubeに投稿されたChatroulette!のキャプチャー映像。チャットもしないでなぜかぬいぐるみと踊りまくっている。この場合の、プライバシーに関する問題も解決する必要があるだろう ※この画像はスクリーンショットです
世界中の見知らぬ人とランダムにビデオチャットを楽しむサイト「Chatroulette!(チャットルーレット)」が人気爆発中だ。ネットを中心に様々なメディアでも取り上げられ、昨年末には300人程度だったユーザー数も、現在では20万人を突破する勢い。YouTubeやTwitterを想起させるほどの急成長を見せている。

「Chatroulette!」は、ボタンひとつでランダムに選ばれた相手とビデオチャットができるサービス。「PLAY」ボタンを押すと相手と接続され、チャット可能な状態になり、別の相手とチャットしたい場合は「NEXT」ボタンを押して次の相手と接続。この動作を繰り返しながら、世界中の人々とチャットを楽しむというカラクリだ。

しかし実際のところ、ランダムに繋がれたユーザー同士がすぐさまチャットを行うというケースは決して多いわけではなく、接続されたとしてもチャットを拒否されることが多いらしい。要するに、チャットをせずに切り替わる相手の映像を眺めて楽しんでいるユーザーも少なくないということなのだ。さらには、わざとヘンな格好をしておいて、接続された相手の驚くリアクションを楽しんでいるユーザーもいるとか。

世界中のユーザーとコミュニケーションを取るので、英語での利用が基本となり、現時点では日本人ユーザーはまだ少ないが、今後増えていくであろうことは容易に想像できる。その一方で異性との出会いを目的として利用しているユーザーも多いとのことで、サービスをいかに健全化していくかという点も今後の課題となりそうだ。

余談だが、このサイトを開設したのは、モスクワに住む17歳の男子高校生。そういう事情もあって、多くのメディアに取り上げられ、人気が爆発したものと言われている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト