ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット住民を和ませる「404not found」画像

2010.02.24 WED

噂のネット事件簿


文中で紹介した様々な「404」画面。あまりに凝りすぎていてTOP PAGEと見間違える人もいるのでは?? ※この画像はスクリーンショットです
インターネットでいろいろなページをネットサーフィンしていると、しばしば「404 not found」というページに飛ばされてしまうことがある。この「404 not found」は「error 404」「page not found」などとも表示され、要するに「このページはありませんよ」という意味。404はそのコード番号であり、404と似た「403 Forbidden(=アクセス権がありません)」というページに行き当たったことがある方も多いだろう。

いずれにせよ、ネットをしていてこの画面にぶち当たると、小声で「チッ!」と舌打ちしてしまうぐらいイラつきを覚えるものだが、しかしそこはさすがネットの世界。「オレたちにとってちょっとでも不愉快なことは回避しようぜ」という愛すべきネット住民の技術力により、どうしても回避できない「404画面を訪れてしまう人」の気持ちをほっこりさせる「404画面」が次々と作成されている。

様々なおもしろ画像や動画を紹介するサイト『Damn cool Pics』で紹介されている「404画面」は、「スーパーマリオブラザーズ」のクリア画面を使ったものやオールドアメリカンコミック風のもの、さらに「これは『404』なのか」と一瞬躊躇(ちゅうちょ)してしまうほどデザイン性に優れたものなど多種多様。どれもイラつくどころか、ニヤりとさせられてしまうほど優れたデザインで、これなら訪れたページの持ち主や会社に対してマイナスイメージを持つこともないだろう。

同サイトはこの特集記事の中に「良い『404ページ』を持つのは良いコンテンツを持つのと同じぐらい重要だ。もしあなたのウェブサイトやブログに『404ページ』がないなら、それを作ることを考えなければいけないだろう」という一文を添えている。ネットがこれだけ広まったこの時代、果たして「404画像ブーム」は来るか??

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト