ビジネスマンを襲う現代病

第3回 どうしよう? 20代でEDになったら

2010.03.17 WED

ビジネスマンを襲う現代病


一度セックスに失敗すると、「また失敗するのでは?」と不安に…。それがきっかけで、EDを引き起こすケースも多いとか

布団でこすって自慰するとEDになる?



「いざ!」というときになって自分のモノが使い物にならず…なんて経験はみなさんありませんか。今回はいわゆるEDのお話です。え?と、素朴な疑問ですが…そもそもEDって病気なの? 『EDになる理由』の著者、新宿ウエストクリニックの渡辺玄一先生に話を伺いました。

「EDは病気ではありません。例えば、風邪をひいたときに熱が出ますよね。この場合、風邪が病気で熱が症状にあたります。EDは症状です。医学的には『性交時に十分な勃起が起きない』『勃起が維持できないために満足に性交が行えない』とされています。つまり、セックスの最中に射精できずに萎えてしまう中折れや、勃起時の硬さが足りなくてセックスができなければ、EDということになります」

ED患者数は1987年には300万人だったのに、1998年の調査では1130万人に増加したとか。ちなみに、EDの原因はなんでしょう?

「いちばん多いのが『心因性ED』です。朝勃ちもあり、自慰では勃起するけど、セックスはうまくいかないというのが典型的な特徴で、ストレスなどが深く関係しています。一方、糖尿病や高血圧などの影響で血管や神経などに障害が起こり、身体的に勃起しなくなるのが『器質性ED』です」

なんでも、生活習慣病の人が少ない20~30代のED患者は、大多数が心因性EDなのだとか。じゃあ、なぜストレスがEDを引き起こすの? 「大脳の興奮によってペニスは勃起しますが、ストレスは大脳の興奮を抑制して、萎えさせてしまうんです。20代では初めてのセックスに失敗した経験がトラウマとなって、うまくいかないケースが多く、30代では不妊治療の方の中折れのケースが多いですね。決まった日にセックスしないといけないと思うと、プレッシャーになるんですよ」

ちなみに、EDの原因になりやすい自慰のやり方があるんだとか。

「布団にこすりつけて勃起しないまま射精するクセのある人がEDになりやすい。これ、意外と多い相談なんですよ。このやり方を何度も続けるのはEDになる訓練をしているようなもの。ちゃんと勃起させて射精する訓練をしないと、セックスのときにうまくいきません」

な、なるほど…男には複雑な事情があるもんです。ところでリアルな話、20代でEDになったらどうすれば?

「プレッシャーや緊張など、原因であるストレスがなくなれば自然と治ることもありますが、それでもダメな場合は薬で治療します。若い人ほど薬の効果も高いので、うまくセックスできるようになる人が多いですよ。何度も診察に来る人はほとんどいません」 ご自分の体の気になる症状、または知っておきたい現代病がありましたら右下の投稿ボタンからおねがいします

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト