ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「やらせブログ」廃止への第一歩

2010.03.17 WED

噂のネット事件簿


WOMJのガイドライン ※この画像はスクリーンショットです
3月12日、口コミ広告に関する任意団体・WOMマーケティング協議会(WOMJ=Word of Mouth Japan Marketing Association)は、『WOMマーケティングサミット2010』で、「口コミ」に関するガイドラインを発表した。

「口コミ」と言えば、個人がブログに商品やサービス、店舗についての感想を自発的に書くことを意味し、それが広がっていく様を意味するが、時に「やらせ」が問題となることもある。有名な例では、アメリカの老夫婦が全米の小売店・ウォルマートをキャンピングカーを使って周るブログがPR会社によって仕組まれたものだったことにより、非難が殺到した件がある。

今回のガイドラインでは「関係性明示の原則」が示され、「WOMマーケティング事業者は、どのような関係性において、WOMマーケティングが成立しているかについて、消費者が理解できるようにしなければならない。関係性とは、原則として金銭、物品、サービスの提供とする」と決められた。

つまり、たとえば広告代理店・ウェブマーケティング会社・ブログ事業者らがブロガーに金銭や物品、サービスを授与している場合、事業者側はブロガーにその事実を明記するよう促す必要があり、ブロガーも記事を書くにあたっては、その事実を記載するようガイドラインに定められたのである。

このガイドラインは、同協議会の理念「口コミは自発的なものである。金銭で生み出されない。誰からも強要されず、発信者の自由意思が尊重される」に従ったものである。会場で同協議会事務局長の細川一成氏はガイドライン発表について「スタート地点。これが答えではありません」と述べ、今後の口コミマーケティングのさらなる発展への第一歩であると位置づけた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト