ネット界の“旬”なニュースをお届け!

マリオとルイージが英で飲食店を開店?!

2010.03.19 FRI

噂のネット事件簿


兄弟仲良く開店すればいいのに… ※この画像はスクリーンショットです
世界で「最も知られているゲームキャラクター」として、ギネスブックに認定されているのは、口ひげと赤いつなぎ姿でお馴染みのマリオ。そんなマリオと、緑色のつなぎで知られる双子の弟・ルイージが、「イギリスのマンチェスターで飲食店を開店か?!」と、世界中のネットユーザーの注目を集めている。

この騒動のもととなったのは、住所を入力するだけで世界中の街や道路を表示できるサービス「Google Street View」。同サービスを使って、マンチェスターにあるクレアモント通り(Claremont Rd.)を検索すると、隣り合わせで開店している「パンと菓子の店・マリオ」「ピザ、ケバブ、バーガーの店・ルイージ」が写し出されるのだ。

この2店舗は隣接しているだけでなく、看板の色もそれぞれのイメージカラー(マリオが赤、ルイージが緑)と、大変近いものとなっている。世界各国のニュースサイトでも報道がなされており、マンチェスターの新しい観光地となりそうなほどの勢いをみせている。

マンチェスターのマリオとルイージに血縁関係があるかどうかは不明で、たまたま隣同士で飲食店を開店したものと推測される。ところがゲーム内では、過去に配管工、大工、レーサー、宇宙飛行士と華麗なる転職を繰り返している兄弟なだけに、仮に「飲食業を営む実業家」に転身していても誰も驚かないはず。マリオは、1992年に発売された『ヨッシーのクッキー』でクッキー職人に転職しているから、そこで培ったノウハウをいかしているだけなのかもしれない…と妄想する昔からのファンも多いのでは?

いずれにせよ、ひとつの偶然がマリオ(とルイージ)の世界的な人気の高さを浮き彫りにした一件であることには間違いなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト