ネット界の“旬”なニュースをお届け!

大沢たかおの朗読サイトで楽しむ人が続出中

2010.04.12 MON

噂のネット事件簿


大沢たかおが文章を読み上げてくれるサイト。下品な単語を入力すると「僕の朗読できない言葉が入っているようです」と言われてしまうことも ※この画像はスクリーンショットです
昨年の大ヒットドラマ『JIN-仁-』(TBS系列)で、江戸時代にタイムスリップした主人公の医師・南方仁を演じた俳優の大沢たかお(42歳)。女性ファンを中心に高い人気を誇る彼が、こちらが入力した文章を朗読してくれるというサービスを始めた。

これはネスカフェが始めた『大沢たかおのあなたに朗読』というサービス。サイトにアクセスすると、大沢の「あなたの素敵な言葉を入力してください」というメッセージが流れ、「400文字、30行以内、日本語で入力してください」という設定に従って文章を打ち込むと、多少カタコトに聞こえる部分はあるものの、「ダバダ」というBGMとともに、大沢がその文章を朗読してくれる。

すると、目ざとくこのサイトを発見したネットユーザーたちは、「大沢にあんなこと、こんなことを言わせよう」と画策。たとえば、2ちゃんねるの「これで大沢たかおに何か朗読してもらおうずwwwwwwwwww」というスレッドでは、大沢に言わせて面白かったフレーズを入力したURLを紹介する人が続出。互いにそのフレーズを聴き合ってはその腕前に感心するなど、おおいに楽しんでいるようだ。

個人のブログでも「私の日頃の思い(?)を語ってもらっていますので、よかったらお聴き下さい」などと書いたうえで、メッセージを入力したURLのリンクを張ったりする人が登場するなど、同サービスはメッセージの代弁者としての機能も果たしているようだ。

この朗読サイトの楽しみ方は人それぞれだが、とりあえず「『JIN-仁-』の続編が待ちきれない!」という方は、仁先生にささやいてほしいセリフでも入力してみてはいかがだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト