ネット界の“旬”なニュースをお届け!

天下一無職会開催 エントリーした人物強すぎ

2010.04.21 WED

噂のネット事件簿


天下一無職会には、無職であるにもかかわらず、ついついお金を使ってしまう人が参戦する傾向がある
2ちゃんねるで「天下一無職会」が開催されている。これは、自分がいかに悲惨な無職生活をしているかを披露し合い、誰が最も悲惨な生活をしているかを協議のうえ決定するというスレッドだ。たとえば2006年5月の同大会では「32歳無職 職歴なし 一浪で旧帝工学部に登校することなく退学。パチスロ生活に突入するが、店が当たりにくい設定にしたため店長を殴って逮捕。母親が謝ってくれて示談成立。最近、パチスロで150万円の借金を作るも母親が払ってくれる。さらには親の口座から100万以上を下ろし、風俗で使い切る。現在も母親から月々15万円程度をだまし取り、パチスロや風俗に注ぎ込む毎日」という人物が優勝した。

この大会は、互いの不幸を自嘲し合う場所ではあるものの、「自分はこうなってはいけない」と戒めたり、大会にエントリーした人物を慰める場ともなっている。

現在開催中の同大会で優勝候補と目されている人物は51歳。九州大学卒で彼女いない歴51年。一日の2ちゃんねる滞在時間は8時間だという。大学卒業後、ニートになり借金を130万円作り、その後マカオのカジノで200万円の借金を作り、車の接触事故を起こしたり、シンナーで入院した経験を持つ。その後、親の生命保険をパチスロで使い果たし、現在は生活保護を受けているという。

この人物に対しては「すげー、あんたにはかなわねーよ」「どうやったって勝てない」「
意気込んでこのスレに来たが、いきなり>>1に秒殺された・・・」(>>1=今回このスレッドを作成した人物)、「優勝するつもりで意気込んで来てみたが、あまりのレベルの高さに俺涙目。誰か他に猛者はいないのか?」など、エントリーした人物の境遇には敵わぬと考えている人が続出し、現在大会の体を成していない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト