ネット界の“旬”なニュースをお届け!

上海万博 楽曲に続きマスコットも盗作か?

2010.04.23 FRI

噂のネット事件簿


似てる? 似てない? どちらにしてもPR曲の酷似ぶりにはかなわない ※この画像はスクリーンショットです
PR曲の盗作疑惑が勃発した上海万博。シンガーソングライターの岡本真夜側が楽曲の使用を快諾したことで思わぬ解決となったが、今度はマスコットに盗作疑惑が浮上している。

4月20日、YUCASEEメディアが報じたところによると、上海万博のマスコットキャラクター「海宝(ハイバオ)」が、アメリカのクレイアニメのキャラ「GUMBY(ガンビー)」に酷似しているという指摘が出ている。GUMBYは、1953年にアート・クロ―キー氏が生みだしたキャラクターで、当時は斬新なデザインが話題を呼んだ。

GUMBYは緑色で、海宝は青。全体的な形はたしかに似ているが、GUMBYはやせ形で、海宝は丸みを帯びている。公式サイトによれば、海宝は「人」という漢字をモチーフにしており、中国文化の特徴を示し、「文字をマスコットデザインのアイデアにしたのはオリジナルの考えである」と記されている。

じつはこの指摘、海宝が発表されたすぐ後の2008年初めから出ていたもので、ここ最近になって再浮上した疑惑だとニュースサイト・サーチナは21日に報じている。PRソングの盗作疑惑がきっかけになっているようだ。

2ちゃんねるでは「明らかにパクリだけど、これくらいは許してやってもいい気がする」というコメントや、「もぉパクリ万博にしちゃいなよw」「上海パク覧会」といったコメントもあるものの、逆に「これをパクリというにはかなりの無理がある」 という意見もあり、見る人によって意見がわかれた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト