ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ヤフオクで家族に責められるお父さんに同情の声多数

2010.05.10 MON

噂のネット事件簿


オークションの質問欄が親子のコミュニケーションの場になった希有なケース ※この画像はスクリーンショットです
父親が内緒でネットオークションで22万円のデジタル一眼レフカメラを落札したものの、それが家族にバレてしまい、すぐさま家族によって再度オークションに出品させられる、というなんともトホホな出来事が注目を浴びている。

Yahoo!オークションの当該商品のページを見ると、商品説明の欄には、

「父が家族に内緒で勝手にこちらのヤフオクで落札してきたカメラとなります。家族会議の末、即出品に至りました。父は涙目のようです。(中略)落札日は4月16日、4月19日に商品が到着し母に見つかり、父呼び出しされ家族会議の末に泣く泣く手放すそうです。(中略)父の勝手な行動による家族財政難を打破する為にも皆様の熱いご入札を心よりお待ちしております!」

と書かれており、子どもと思われるユーザーが父親の代わりに出品した模様。また「出品者への質問」では、

質問1
お父さんです。昨日お母さんにとても怒られました。お弁当作ってくれませんでした。反省しています。売れる前に一度でも撮影したかったです。とても残念です。入札がぜんぜんありません。お父さんが落札してもいいですか?

回答
父へ。変な質問をしていないで仕事をして下さい。もちろん落札しちゃだめです。それと夕飯はめざしみたいです。私にまでしわ寄せがきています。

とのやりとりも行われている。

そんな立場の弱い父親に対してネット住民たちは、

「泣けた」
「ひでぇ話だ…」
「娘さんには悪いが、入札無しでお父さんの手元にカメラが残る事が 全国のお父さんの声なき声だと理解して貰いたいw」
「殺伐としたヤフオクにこんなハートフルな人間模様がw。お父さんガンバレw」

などと、同情する声を多数寄せている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト