ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「iPadであなたはもっと馬鹿になる」の波紋

2010.05.25 TUE

噂のネット事件簿


ネット上に波紋を投げかけた『Newsweek』の「iPadであなたはもっと馬鹿になる」 ※この画像はスクリーンショットです
『Newsweek』日本版のサイトに掲載された「iPadであなたはもっと馬鹿になる」という記事がネット上で話題となっている。同記事は5月9日に米・バージニア州のハンプトン大学で米・オバマ大統領が「iPodやiPadをはじめとするデジタル機器のせいで『情報は人々に力を与えたり人々を(抑圧から)解放する道具ではなく、気分転換や気晴らし、娯楽の道具になった』」と発言したことをまずは紹介。

つまり、現代ではいくら多くの情報があろうが、単に暇つぶしとしての活用しかしていない、ということだ。『Newsweek』のダニエル・ライオンズ記者は「要はデジタルツールを触りながら、ダラダラしているだけ。リンクをクリックしては、自己顕示欲の強い愚か者や評論家、広報やマーケティングの担当者らが垂れ流す無意味なゴミの激流をかき分けている」としたうえで、アップルストアに長蛇の列を作る人や携帯電話をのぞき続ける人を「ゾンビ」と表現した。

ネットに関してこのような状況にあることに加え、前アラスカ州知事のサラ・ペイリン氏(前回の米大統領選における共和党の副大統領候補。「アフリカ」という国があると信じていたことが話題になった)が次期大統領選の本命であることについて、「偶然だろうか」と前置きし、「アメリカはネットに操られた愚か者の国になり、ばかげたことに対する感度は鈍くなる一方だ」と痛烈にアメリカ人の「バカ化」を危惧している。

この記事に対し、ネット上では意見が多数書き込まれた。リツイートの数は24日9時現在、457件で、「はてなブックマーク」では79件のブックマークがついている。

「これ特にここ数年感じてるし、意識的に適度な距離を保とうと最近は気をつけている」
「これはネットに少しでも接続するなら、自戒しなければならないと思う」
「そうだと思いますが もう少し遊ばせて」

のように同意する意見が多数だったが、反発の声もちらほら。

「書いてあることはだいたいあってると思うけどよくあるテクノロジー批判だと思う。まあ大して憂うようなことじゃない」
「そんなことはないだろ。使う人次第。レッテル張りして何が楽しいんだか。でも気をつけないといけないのは確かか」
「なんでそんなに偉そうな口調なんだろう...って思った」

日本でiPadは5月28日に発売される。『Newsweek』の記事はアメリカの話だが、日本ではどんな状況になるのだろうか?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト