ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ひったくり「2ちゃんねるを参考」に反発の声

2010.05.25 TUE

噂のネット事件簿


過去にネット上で論争を巻き起こした、『ひぐらしのなく頃に』とオノ殺人の関係をインタビューしたJ-CASTニュースの記事 ※この画像はスクリーンショットです
asahi.comは19日、「『2ちゃんねる参考に』声かけひったくり105件容疑者」と題された記事を掲載した。これによると、コンパニオン派遣業の29歳の男が127件の窃盗容疑で送検されたというもの。被害総額は約700万円相当。そのうち9割は「道を尋ねるふりをして被害者に声をかけ、すきを見て所持品を盗む手口」だといい、男はこの手法を2ちゃんねるの書き込みによって知ったという。

この「2ちゃんねる参考に」の部分を朝日新聞社が強調している点に対し、2ちゃんねるのユーザーは一斉に反発。
「2chの責任みたいに言うのはおかしいよな」
「どこまでもネット批判か。広告宣伝費が競合するどころか奪われつつあるからもう必死だな」
「次は『朝日を参考に』したひったくりが発生するんだな?」
などと意見を述べている。

2ちゃんねるは伝統的に犯罪が起こった際に、原因とされる傾向があり、古くは「西鉄バスジャック事件」「秋葉原連続殺傷事件」などが「2ちゃんねるのせい」とメディアなどから指摘されていた。そして、それらの指摘が出るたびに「またか」「何でもかんでもそうしたいのですね」といった趣旨の反発が出てくる。

これらメディアによる「○○のせい」だが、その対象は2ちゃんねるだけではない。2007年に女子高生がオノを使って父親の首を切って殺害する事件が発生した際はアニメ『ひぐらしのなく頃に』との関連が指摘されたり、2008年に起きた茨城県荒川沖駅の8人殺傷事件では「ゲームのせい」とされた。1998年の中学生がバタフライナイフで女性教師を殺害した事件の時は「ドラマ『ギフト』で木村拓哉が使っていたせい」などの説がメディアから出てきた。これらの報道がされると、一斉にファンが反発する姿がしばしば見られた。

また、昨年10月に36歳の女が30件の窃盗容疑で逮捕されたが、これについて犯罪の現場を数多く紹介した「警察24時」的な番組に登場したスリの手口を参考にして、150件のスリを重ねたことを認めた。この時2ちゃんねるでは、
「いいかげんテレビ規制しろよ これだけ治安悪化させて放置はないだろう」
「犯罪者育成番組。テレビは規制すべき」
「コンビニ強盗やオレオレ詐欺もテレビがヒントを与えてるな」
などの皮肉が多数書き込まれた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト