ネット界の“旬”なニュースをお届け!

シー・シェパード船長の反省にもネット住民「許さん」

2010.05.27 THU

噂のネット事件簿


シー・シェパードのHPで微笑むベスーン被告。実際は少々泣きも入っているようだが… ※この画像はスクリーンショットです
調査捕鯨船への妨害行為により、現在東京拘置所に勾留されている「シー・シェパード(SS)」の船長の発言が、ネット住民の間で話題となっている。

これは5月23日付のMSN産経ニュースが報じた「『SS代表は間違っている』『家族恋しい』拘留の被告が激白」という記事。調査捕鯨船への妨害行為により拘留中のピーター・ベスーン被告は、当初徹底した法廷闘争を求めていたが、「ワトソン(SSの代表)は間違っている」「日本人は礼儀正しく、憎むべき国ではないと言いたい」などと述べ、捕鯨妨害活動から身を引くことも示唆しているという。

するともともとSSの活動に否定的な意見が多かったネット上では、「ネトウヨ(=ネット右翼)」を中心に、ベスーン被告の発言が大きな話題に。2ちゃんねるには

「どうせ国に戻ったらひどい扱い受けたっていうよw」
「これがあいつらの常套句」
「所詮ビジネスでやってる奴らなんてこんなもんだろ」
「なにこのヘタレwww」
「家族より鯨の命が重いんだろ?www」
「しおらしく見せても無駄」

さらに

「洗脳されたか」→「むしろ洗脳が解けたんだろw」
「シーチワワかよ」→「そこはシーチキンだろ」

などの書き込みが相次ぎ、ネット上でも珍しく「もう許してやれよ」的な意見がほとんど出ない展開となった。

注目のベスーン被告の初公判は今日27日に行われる。産経のインタビューでは「家族に会いたい」と述べた彼が、従来の主張を貫くのか改悛の情を示すのか、非常に興味深いところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト