ネット界の“旬”なニュースをお届け!

米軍の新兵器に「沖縄基地いらないじゃん」の声

2010.05.27 THU

噂のネット事件簿


こちらがAIR-ATTACK.COMでも2007年に紹介された、『X51A』の完成予想図。「世界中どこでも1時間」には「ピザの配達か」の声も ※この画像はスクリーンショットです
5月23日付の産経新聞によると、米空軍が「地球上のあらゆる場所を1時間以内で攻撃できる超音速航空機」の飛行実験を行うことを発表。技術の進歩の凄まじさにネット住民も驚きあきれている。

記事によれば、これは米空軍の『X51Aウェーブライダー』という無人攻撃機。洞くつに潜むテロリストや敵基地を奇襲攻撃するミサイル兵器の一種で、マッハ5(時速約6120km)で滑空する無人攻撃機だという。

この「地球上ならどこでも1時間以内」という、ほとんどマンガか映画のような話はよほどインパクトが強かったらしく、2ちゃんねるでは瞬く間にスレッドが進行。

「中国の軍事力の伸びを考えるとしょうがない」
「アメリカは世界全部を敵に回しても勝てるね」
「完全に対イランだな」
「朝鮮有事で導入か」

という「マジメに分析派」や

「もう最終戦争だな」
「アメリカは何と戦ってるんだ」
「桜花(日本の特攻兵器)かよ」
「ピザ屋の配達みたいだな」

という「もうワケ分からん派」、さらに

「なら基地いらないね」
「沖縄意味ねーじゃん」
「普天間いらねーじゃねーか」

という時事ネタに乗った鋭い指摘も登場し、普段ならさして盛り上がらない軍事ネタも、この日は20時間ほどで書き込みが1000件に到達した。

なお、タカ派が多い2ちゃんねるでは、「日本にも欲しいね」「日本も配備するべき」「日本も早く開発しなきゃ」という声が大多数。一方では、「こんな国とよく戦争したね」という声も漏れた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト