ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Ust×TVの『革命×TV』にポカンとする人続出

2010.05.31 MON

噂のネット事件簿


番組中の活発なツイッター上の意見を受け、公式サイトでは「皆様から番組についてTwitterでたくさんの感想、企画のアイディアなどをいただきました。本当にありがとうございます。これらの貴重なご意見を参考に今後の番組作りをしていきます」と宣言された ※この画像はスクリーンショットです
30日、Ustreamとツイッターを使ったTBS系の新番組、『革命×TV』がオンエアされた。同番組はお笑いコンビ・雨上がり決死隊とフリーアナウンサーの小林麻耶が進行を務める番組で、「何が革命かと言うとテレビ×ITのメディアミックス!Ustと twitterとの完全融合番組が誕生」(番組の公式ツイッターより)がうたい文句。「テレビでUstream中継を流しながら、ユーザーはツイッターで参加する」といったもので、さまざまな場所へ番組特派員が行き、そこからUstreamで実況をするというものだ。

初回は「メキシコ湾原油漏れ映像」「犬だらけの間」「ただいま人気芸人が都内某所で打ち上げ中」などの企画があり、各々の場所からUstreamで実況を行った。そのなかでも「あの話題のスターが帰省中」では、元横綱・朝青龍のもとを番組特派員が訪ね、将来何をするのかを聞くというスクープがあった。だが、Ustream中継が途中で切れるなど、生番組ならではのハプニングも続出。ちなみに朝青龍は「息の長いタレント」になりたいようで、モンゴルの大統領になる気はないようだ。

番組中にはツイッターで書き込まれた意見が一部紹介されたり、スポンサーのソフトバンクの商品であるiPadが紹介されたり、Yahoo! ニュースからニュースを紹介するなどネットとの連動もあり、番組OA中は#kakutvのハッシュタグが大盛況となった。

だが、この「Ustream×ツイッターをテレビでやる」という展開にはポカーンとするネットユーザーも多く、元々『革命×TV』開始の発表を聞いた人の中には「テレビに出ている人間が、生中継すごいっていう感想は、説得力ないのですが、いかが?」「この企画、TVいらないじゃん!」「twitter はあんまり関係なさそう。TVの中継をUSTでやるってだけみたいだな」などと、テレビ番組であるにもかかわらず、Ustreamで中継することの意味がよく分からない人が続出していた。ただし、これらはあくまでも開始前の憶測意見である。

そんな前評判のなか、実際にオンエアされ、途中のグダグダな感じに失笑する声や、「ユーストリーム、ツイッターの認知にはかなりの効果は出たはず」「朝青龍固まったのがおもしろかった」などがあり、さらにはソフトバンク社長の孫正義氏がツイッターで「視聴者がこの時間に自慢の中継をUst上げまくって良いのをTVで選んで盛り上がるといいのでは?」と発言するなど、今後の展開に期待する声が多数出た。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト