ネット界の“旬”なニュースをお届け!

最大年間300万円もらえる「ブログ奨学金」登場

2010.06.01 TUE

噂のネット事件簿


奨学金対象者に年齢制限はなく、学生であっても社会人であっても、あるいはニートであっても奨学金を給付される可能性がある ※この画像はスクリーンショットです
ライブドアは、ブログを通じて有益な情報を発信する人々を金銭的、技術的にサポートするための「ブログ奨学金」なる制度を新たにスタートさせることを発表した。

なんとも聞き慣れないこの奨学金制度の応募対象となるのは、月間ページビュー数が1万件を超えたうえで、第三者の著作権・肖像権・プライバシーなどを侵害していない、公序良俗に反しない、などの条件をクリアしたブログ。さらに「得意分野や専門分野の情報を発信することで、世の中の役に立つオリジナルコンテンツを提供したい」という意思があることが条件だという。

選考は、ライブドアの選考委員会によって行われ、「ブログの未来を背負う」と判断されたブログについて、年間30万円から300万円の奨学金が給付される。また、ブログの更新が止まるなどした場合に給付が停止するケースはあるが、基本的にこの奨学金の返済義務はないとのことだ。ちなみに、ライブドアブログ以外のものでも応募は可能。しかし、奨学金の給付対象となった場合は、ライブドアブログへの移籍が条件となる。

ちょっと大胆にも思えるブログ奨学金という試みについて、ブロガーたちはどんな反応を見せているかというと、

「ブログを書いているだけでも楽しいのに、ブログを書いてお金をもらえるなんて、そりゃもう素晴らしくうれしい」
「○○○(別のブログサービス)でも奨学金やってくれないかしら」
「日本人で大物ブロガーってぜんぜん思いつかないけどw(中略)どんな方向性のブログが選出されるのか楽しみになってきた!」

と、応募に興味津々の意見から、結果を楽しみにする意見まで様々。それら意見のなかで最も多く見られたのは「応募したいけど応募条件の月間PV数が1万PVに達していない」というものだった。

ブログ奨学金第1期生の応募期間は8月26日まで。9月上旬に選考結果が発表される予定だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト