ネット界の“旬”なニュースをお届け!

暴露ウィルス詐欺容疑者逮捕にネット住民復讐?

2010.06.01 TUE

噂のネット事件簿


アダルトゲームなどをダウンロードし、個人情報が暴露されたウィルス感染者は5000人以上にのぼるという ※この画像はスクリーンショットです
自作の個人情報暴露ウィルスを仕込んだフォルダを、ファイル共有ソフトでダウンロードさせ、ダウンロードしたユーザーの個人情報をネット上に公開したうえで、その情報の削除料と「著作権侵害」に対する和解金名目で金をだまし取っていた2人の男が、詐欺容疑で警視庁に逮捕された。

「ロマンシング詐欺」としてネット上では以前より話題になっていたこの事件。アダルトゲームに偽装されたフォルダに仕込まれたウィルスに感染すると、デスクトップのスクリーンショットやダウンロードしたソフトの名前、リモートホスト名などが、逮捕された男が運営するウェブサイトのトップページに公開されるというもので、多くの被害者が出ている。

とはいえ、このウィルスに感染したということは違法ダウンロードをしていたという証拠でもある。ウィルスに感染し違法ダウンロードをしていたことがバレて、教育委員会からの処分を受けた中学校校長や、サイトの閉鎖を余儀なくされたアダルトゲームの人気レビューサイト管理人などもいた。

今回の逮捕についてネット住民たちは、

「ざまぁwwww」
「やっぱり逮捕されたかw」
「おお、やっと逮捕か校長もうかばれるな」
「割れ厨大勝利wwww」(※編集註:割れ厨とは、コピーソフトを非合法に配布・販売・所有する人々をさすネットスラング。下記の「割った奴ら」も)
「で、割った奴らの逮捕はこれからか?」
「金とろうとさえしなければ反発したのは割れ厨くらいで概ね英雄扱いされてただろうに」

などと様々な反応を見せているが、同時にエスカレートしてきているのが逮捕された男2人の個人情報の暴露。自宅住所や顔写真、過去のテレビ出演歴などが次々とネット上に公開されている。暴露ウィルスの被害者にしてみれば、まさに「目には目を」ともいえるてん末だといえるだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト