ネット界の“旬”なニュースをお届け!

世界卓球の公式サイトに難ゲーム登場

2010.06.02 WED

噂のネット事件簿


これが「クソゲー」とまでいわれた激ムズ卓球ゲーム。1ポイント取るのにも一苦労 ※この画像はスクリーンショットです
5月30日に閉幕した世界卓球選手権は、主にテレビ東京が中継を行ったが、テレビ東京のウェブサイト内に作られた特設サイトの卓球ゲームが話題となっている。

これは、「世界卓球2010モスクワ」という特設サイトの中の「ピンポン7卓球ゲーム」のこと。テレビ東京の女子アナにより結成された「ピンポン7」の「私たちがお相手するわ」という文字をクリックすると、卓球ゲームがプレイできるようになっており、第1ステージの秋元玲奈アナ、第2ステージの相内優香アナ、第3ステージの大橋未歩アナの3人をクリアすると、「特製QUOカード」が50名にプレゼントされるという趣向となっていた(プレゼントはすでに締め切り済み)。

しかしこの卓球ゲームがとんだクセモノで、ラケットの小ささ、当たり判定のシビアさ、さらに「ピンポン7」の強さもあいまって難易度は激ムズ! Web R25記者も全く歯が立たなかったが、ネット上でも

「むずすぎてワロタ」
「1点もとれねぇwww」
「恐ろしく難しい」
「イージーでやっても1点も取れないってのはいったい…」
「クソゲーの部類」
「ラケットに当たらないwww」
「4回ラリーしたぞ!!」

という声が挙がっており、もっぱらゲームそのものより、その難易度が話題となっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト