ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ユースト専門の女子プロレス団体登場

2010.06.08 TUE

噂のネット事件簿


こちらが「19時女子プロレス」の会場。週3回19時にここに来れば、彼女たちに会える ※この画像はスクリーンショットです
動画共有サービスの「Ustream(ユーストリーム)」でしか観られない女子プロレス団体が登場し、ネットユーザーや格闘技ファンの間で話題となっている。

これは、6月1日に旗揚げ戦が実施された「19時女子プロレス」という女子プロレス団体。「USTREAM中継のみの女子プロレス団体」を標榜する彼女たちは、現時点では通常の大会は行わず、全試合をUstreamで生中継する。中継は、原則毎週火・木・金曜の19時から行われ、番組放送時間は30分。試合数は年間150試合が予定されており、試合後には出場した選手がツイッター上の発言を見て感想や反省を述べることもあるそうだ。

すでにツイッター上ではこの特性を生かして、代表の帯広さやかさんが

「19時にPCの前でお会いできるのを楽しみにしています!」
「旗揚げ戦1850人って!!!!わぁぁぁぁ」
「本日もご来場いただきましてありがとうございました!口の出血は大丈夫です」
「エルボーで肩脱臼は予想外でうおおお。試合中に意外とすんなり入りまして、今はもう大丈夫です!」

とリアルなつぶやきを発信し、観戦客からも

「面白そうな物見つけた」
「リアリティショーとして面白い」
「可能性を感じる」

と、好意的な評価が多数登場している。19時女子プロレスのツイッターのフォロワー数はすでに500人を超えた。

なお、ネット放送という形態をとりながらも、あくまでも“生”にこだわるこの「19時女子プロレス」。「見逃したー」「録画放送はしないのか」という問い合わせが多いようだが、その件について帯広選手は

「放送は一度きり、LIVE感を味わっていただきたいのです」
「すみません。基本的に一度きりの放送という考えは崩さない方針です」

と明言している。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト