ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイッター大量乗っ取り事件発生 便乗つぶやきも

2010.06.28 MON

噂のネット事件簿


6月22日の午後5時前後(日本時間)に集中して投稿されている「Hacked By Turkish Hackers」というつぶやき。おそらく乗っ取られたアカウントによるものと思われる ※この画像はスクリーンショットです
目下ユーザー数は全世界で2億人に迫る勢いで増加中、毎日の投稿数も6500万件にもおよぶという超人気サイト「ツイッター」。もはや世界一の人気ネットサービスといっても過言ではないツイッターにおいて、大規模なユーザーアカウントの乗っ取り行為が行われていると、フィンランドのセキュリティ会社「エフセキュア」が発表し、注目を集めている。

同社の発表によると、6月21日の午前8時ごろからの12時間のあいだに少なくとも1000以上のユーザーアカウントが乗っ取られたとのこと。また、被害に遭ったアカウントでは、必ず自動的に「Hacked By Turkish Hackers」というつぶやきが投稿されている。

詳細なハッキング方法については不明だが、乗っ取られたアカウントの多くがイスラエル人のユーザーであり、ヘブライ語のフィッシング詐欺が行われた結果だと指摘する声もある。

この事件がフィンランドのセキュリティ会社エフセキュアや情報技術に関する総合情報サイト「IT Pro」で報じられると、ツイッターでは「Hacked By Turkish Hackers」というつぶやきが増え始めることに。その多くはこの乗っ取り事件を紹介するつぶやきだったが、一方で「試しにつぶやいてみた」というようなイタズラ半分の投稿も多かった。また、それらイタズラだと思われる投稿をしたユーザーは、圧倒的に日本人が多かったようだ。

ツイッターにて「Hacked By Turkish Hackers」のキーワード検索をしてみたところ、6月23日以降は、乗っ取られたと思われるユーザーがほとんど見つからないという状況になっている。とはいえ、乗っ取りの目的や方法が明らかになっていない以上、乗っ取り行為への注意を喚起する必要性は高いだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト