ネット界の“旬”なニュースをお届け!

岡田JAPAN ブログMVPは川島と玉田

2010.06.30 WED

噂のネット事件簿


守護神・川島のブログ。普段の更新度は高いが、W杯期間中はさすがにペースダウンした ※この画像はスクリーンショットです
健闘も空しくパラグアイとの一戦に敗れた岡田JAPAN。サムライブルーの戦士たちのなかには自分のブログを持っている選手も 多いが、W杯期間中の更新状況はどうなっていたのだろうか?

まず、現場ならではの感情をダイレクトに届けたのは、守護神・川島と玉田の2選手。川島はデンマーク戦の翌日(25日)、「確かな一歩」という題名で、

「やりました!!
今日デンマークに勝ってベスト16!!
決勝トーナメント進出決定です!!」
「日本のサッカーの歴史にとって確かな一歩を前に踏み出せたと思います」
「目の前の相手に自信を持って全力で向かっていきたいと思います!!」(抜粋。以下同様)

と、試合後の興奮そのままにブログに書き込み、同日に更新した玉田は、

「デンマーク戦、出場機会はありませんでしたが、気迫と攻めの姿勢で勝利して、決勝T進出が決まりました。
今、チームがとても良い雰囲気でここまでこれて、勝利が決まった瞬間は出てない自分もついみんなの所に駆け寄ってしまいました」

と、控えのメンバーならではの感情をファンに伝えた。

一方、別の意味でリアルな状況を伝えたのは松井大輔。彼はカメルーン戦の勝利後16日に更新。

「リラックスルームにてマリオカート大会。
意外に下手だったというか、やったことがなさそうなユウジ君(=中澤)頑張って!」

と、ジャージ姿でくつろぐ選手の様子を写真つきで紹介した。

実は、約半数のメンバーは自分のブログを持っているのだが、期間中に更新をする選手は少なかった。というのも、ファンにとっては嬉しい選手の生声だが、仮に試合で全く活躍ができなかったり、敗因となるミスを犯したりするようなことがあれば、ブログを更新していたことさえ批判の対象となるのは火を見るより明らか。そんななかでもきちんとファンに声を届けた3選手には、ファンサービスという意味で敬意を表したい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト