ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイッターで人気はアニメ・おはよう・遅刻

2010.07.05 MON

噂のネット事件簿


「ついっぷる」は自分の関心事と世間の関心事は同じではない(あるいは同じである)、ということを示してくれる ※このサイトはスクリーンショットです
最近ツイッターがネットサービスとしてすっかり定着した感があり、「自分の知りたい話題でツイッターは埋め尽くされている」と思うこともあるだろう。多くの人にとってフォローする相手は自分の趣味と合った人だったり、同じ業界の人や友人だったりするからだ。

ところが、ツイッター全体を見渡してみると、話は違う。実に様々な内容でつぶやいており、単に自分の世界とは違う人をフォローしていないだけだったと気づかされる。その事実を明確に示したのがBIGLOBEが運営する、ツイッターでどんな話題が盛り上がっているのかを数値化するサイト「ついっぷる」だ。先日ついっぷるの5月のトレンドランキングがサイト上で発表され、ネット上で広まったが、トップ5はこうだった。

#anisonzanmai
#k_on
#ohayo
地震
#keion

1位は『今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧』のハッシュタグ。NHK-FMで5月6日にオンエアされた同番組は、番組を聴きながらツイートする人々により、総ツイート数31万4359件を記録した。2位はアニメ『けいおん!!』でこれは4万5742件、3位は毎日ツイートされる「おはよう」を意味し、歌手の広瀬香美がつくった「おはよう倶楽部」のハッシュタグである。コンスタントに毎日「おはよう」と書き込まれ、数を稼いだ。4位は5月10日に地震があったことで多くの人に「地震だ」と書かれたことによる。5位は2位の#k_onと同様にアニメ『けいおん!!』のオンエア日に多くの人がツイッターに書き込んだため、増えたのである。

これらの結果をみると、日本のツイッターはWikipediaと同様、アニメなどのサブカルに強い傾向がある模様。逆に考えれば、それだけツイッターも一般化が進み、もはや一部の先端的ネットユーザーだけが使っているものではなくなったとも言えそうだ。

ちなみに平日朝7時30分~9時ごろまででかなり多くツイートされるのが「遅刻」である。これは会社や学校に遅刻しそうな人が「やばい遅刻しそう!」などとツイッターに書き込んでいるのだろう。これもまた、一般化の証左である。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト