ネット界の“旬”なニュースをお届け!

動画は2ページ以上チェック!? 検索事情明るみに

2010.07.06 TUE

噂のネット事件簿


これが調査結果の見出し。買い物の意思決定にインターネットを利用する人はやはり多く、3人に1人が「レビュー・口コミ検索」を普段の生活に活かしているという ※この画像はスクリーンショットです
「何か気になること、分からないことがあったら、すぐにネットで検索」という生活を送っている人々は多いと思うが、マイクロソフトが行った調査によれば、約6割の人が「検索結果に欲しい情報が見つからない」と思っていることが明らかになった。

これは、マイクロソフトが30~40代のネットユーザー500人を対象に行った「検索エンジン利用に関するアンケート」で判明したもの。これによると、「検索結果に欲しい情報が見つからない」という問いに58.1%が「はい」と答え、「1日に10回以上検索する」というヘビーユーザーでも、約3割が「見つからない」と答えた。

ただし、データを細かく読み解くと、「検索結果を何ページも読み込み、欲しい情報は粘り強く探し続ける」と答えたのは4人に1人。また、「粘り強く探す」と答えた人でも約7割は検索結果を1~3ページしか見ておらず、ネットユーザーのかなりせっかちな「検索ぶり」があらわになった。

そんななか、唯一違う傾向を示したのが、動画や画像に対する検索態度。「動画の検索結果は2ページ以上チェック」という質問には実に92.8%が「はい」と答え、約6割は「欲しい情報のために複数の検索エンジンを利用」と回答した。画像や動画、音楽などに関しては、ネットユーザーはにわかに執念深くなるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト