ネット界の“旬”なニュースをお届け!

TBSが駒野母に失礼した!とのデマが大拡散

2010.07.07 WED

噂のネット事件簿


今回のデマに国会議員までがだまされ、ツイッター上で批判コメントをしたこともあり「ツイッターにハマって国会に遅刻する議員とか、もうバカばっかで悲しくなる」と国会議員に失望する声も ※この画像はスクリーンショットです
6月29日にTBS系で放送されたW杯『日本-パラグアイ戦』の平均視聴率が、関東地区で57.3%を記録。同局史上最高視聴率を記録したことが発表された。そんななか、ツイッターを通じてTBSで放送されている『みのもんたの朝ズバッ!』に関するデマが流れ、ネット上で波紋を呼んだ。

その内容とは「『みのもんたの朝ズバッ!』がPKを外した日本代表選手の家族に、ひどい内容のインタビューをした」というもの。事実はないものの、ツイッターで拡散した内容をもとに会社社長や国会議員までがマスコミ批判を展開する騒ぎになったが、すぐにデマだと判明。現在は沈静化している。

この報道を受け、2ちゃんねるの『芸スポ』板では

「あんなやりとりがあったらまず2chの実況が大騒ぎしてるはずだし、マスコミが発信すると捏造を疑うくせにネット発信だと無条件に信じる馬鹿w」
「RTが自分自身も発言したと自覚の無い奴が多い。情報源よりそれに群がって信じてRTした奴の馬鹿さがでた事件」
「嘘を嘘と見抜ける人でないと」

とデマを拡散させたツイッターユーザーに対し、厳しい意見が相次いだ。しかし、

「すぐにデマであるということが判る分だけ2ちゃんねるよりずっとマシ。これは明らかに実名のメリット。2ちゃんねるだとデマが数年も信じられ続けることも珍しくない」

とという声も寄せられており、ツイッターの良い面と悪い面を浮き立たせる事件となった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト