ネット界の“旬”なニュースをお届け!

民主党候補の初音ミク利用にネット住民断固NO

2010.07.14 WED

噂のネット事件簿


藤末氏の公式プロモーションビデオ「We are the ONE」。藤末氏のイラストのうしろにいるキャラクターが「民主くん」 ※この画像はスクリーンショットです
7月11日に投開票が行われた参院選で、民主党比例区から立候補していた現職の藤末健三議員が、選挙活動に人気のボーカロイド「初音ミク」を使おうとしたことがわかり、ネット住民から大ブーイングを受けている。

ネット選挙推進派の藤末氏は、初音ミクを使った候補者のプロモーションビデオを制作し、これをネット上で流すことによって若者世代へアピールすることを考えていたという。しかしながら、初音ミクの著作権所有者より特定の政治団体のための使用はNGとの見解が示され、初音ミクによる出演を断念、民主党のオリジナルキャラクターである「民主くん」を初音ミクの代用としてプロモーションビデオに登場させていた。

このような経緯があったことを、藤末氏は自らが執筆した「東洋経済オンライン」のコラムにて明らかにした。するとネット上の初音ミクファンたちから、

「俺の天使を汚すんじゃねーよ」
「めちゃくちゃ腹立つな」
「ミクさんを弄ぶなよ」

などと、大ブーイング。また、政治的中立を貫いた形となった初音ミクに対しては、

「天使のミクが薄汚れた政界にでるわけがない」
「(政治利用を拒否した)ミクさんかっけー!! もう投票用紙には『初音ミク』と書くことに決めた! 無効票でもかまわん、それが俺の意志だ!」

と、さらに支持を深めたという意見が多く寄せられていた。

ネット選挙は、今回の参院選では実現しなかったが、推進派の藤末氏は選挙期間中にツイッターで音声ファイルでのつぶやき更新を行っていた。それが功を奏したかどうかは分からないが、初音ミクの出演は叶わなかったものの見事当選を果たした。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト