ネット界の“旬”なニュースをお届け!

セルジオ、松木両氏の実況を作れるツール

2010.07.16 FRI

噂のネット事件簿


こちらがその作成画面。「いいアイデアでしたね」「チャンスだ!行け!」まずはサンプル画面に実況を入れて遊んでみよう ※この画像はスクリーンショットです
全世界を熱狂させたサッカーW杯も終わり、ひと月にわたるワクワクドキドキの連続と、その後の日常とのギャップに悩んでいる方も多いのではなかろうか? そんなあなたに今、必要なのは、否応なしにテンションの上がるサッカー中継の実況の声。あなた好みの実況が作れるサイトを紹介しよう。

そのサイトは「実況ジェネレーター2010」。これは「YouTubeに投稿された動画に、実況をつけられる」というもので、セルジオ越後、松木安太郎両氏の口から発せられる既定のコメントを動画にはめこんで楽しむ仕組みになっている。もちろんサッカー以外の動画でも可能だ。

このジェネレーターが秀逸なのは、発想もさることながら、両氏のコメントが「そのまま」なところ。各々約100パターンのコメントが選べるようになっているのだが、かたやセルジオ越後氏は、

「いいアイデアでしたね」
「きれいなサッカーを、やろうとしすぎですよ」
「惜しい、惜しいだけじゃ、勝てないんです」
「攻めの姿勢がほしいですね」
「結局一対一で勝てないと話になりませんよ」
「今、自分で行っても良かったと思うんですけどね」
「どうやったらあれを外せるんでしょう」
「相変わらずの得点力不足ですね」

とおなじみの辛口モード。一方の松木氏は

「打てっ!打てっ!」
「チャンスだ!行けっ!」
「決めろっ!」
「ナイッシュー!」
「ここで決めれば、点が入ります」
「あー、おしい」
「遠めからどんどん打ってほしいですね」

と、単純明快であり、それぞれのキャラクターが見事に生かされている。

この「実況ジェネレーターは、SONYが07年に日本代表を応援するために作ったサイト、「project Blue」のなかに作られたもの。2007年に第一弾が発表され、昨年「2010」としてリニューアルされた。このサイトには、ほかにも中西哲生氏の技術解説やPKゲームなどもあるので、サッカーファンは、そちらの方も合わせてどうぞ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト