ネット界の“旬”なニュースをお届け!

女性の「2次元に勝てる」発言に立腹する人続出

2010.07.21 WED

噂のネット事件簿


恋愛シミュレーションゲームの代名詞的存在『ラブプラス+』。2次元の世界の「カノジョ」と恋愛体験を繰り広げることができる
あるサイトのアンケートで「ゲーム内の彼女に勝つ自信はありますか?」との質問に47%の女性が「ある」と答えていたことに対し、多くの男性ネット住民から否定的な意見が多数寄せられている。

このアンケート結果は、仕事と恋愛のポータルサイト「COBS ONLINE」内コンテンツ「コブス横丁」に掲載された「恋愛シミュレーションゲームに熱中する彼氏を許せる?」という記事にあったもの。この記事に関する2ちゃんねるのスレッドを見てみると、

「2次元に勝てるはずがない。実在するしないは置いといて」
「2次元は疲れた時に癒してくれるよ、給料安くてもグチグチ言わないし。3次元の長所は宅急便受け取れること」
「つーか2次元に勝つ自身のある奴がこんなにいるのが驚き」

と、現実の女性よりも、理想的な2次元キャラクターのほうに大きな魅力を感じている男性ネット住民が多かった模様。

また、これとは別にZAKZAKに女優の蒼井そらのインタビュー記事が掲載。そのなかで「草食男子」に対して「ニートと同じで、草食男子なんて名前をつけるのは正当化するようで嫌。そういう男子はもっと恥ずかしいと思わないと。どんどん“狩り”に出てほしい」と発言したことに対しても、2ちゃんねるでは、

「いらないのになんで狩りにでないといけないんだよ」
「まぁ、今じゃあ2次元って言う理想郷があるからな」
「生身の女にそこまでの労力を費やすほどの価値を感じない」

との意見が寄せられており、ここでも優勢なのは2次元の方だった。

今回の男性ネット住民の意見は、2ちゃんねるに寄せられたもので、確かに偏りはあるかもしれない。しかし、それでもニンテンドーDSの恋愛シミュレーションゲーム『ラブプラス+』が大人気だということなどを考えると、2次元優勢の現状は間違いないといえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト