ネット界の“旬”なニュースをお届け!

今年の花火大会はUstreamで快適に観覧?

2010.07.26 MON

噂のネット事件簿


これで、「一度は行ってみたいあの花火大会」「有料観覧席から見た花火の様子」も疑似体験できる!? ※この画像はスクリーンショットです
夏の風物詩といえば、花火大会。ビール片手に、河川敷や海辺に寝転がって花火を見るのはオツなものだが、場所とりをすることや、混雑を考えると、気がひけてしまう人も多いのではないだろうか。

そんな人に朗報だ。Ustreamでは花火大会の一部がライブで楽しめることを、RBB TODAYが紹介している。

Ustreamで流されるこうした花火大会のライブは、現地のユーザーが中継するものも多いが、地元のメディアが配信するものも多い。
7月23日には、三重県のケーブルテレビ、アイティービーが、三重県の「55周年記念鳥羽みなとまつり」での花火大会(約4000発)を、テレビの生中継と同時にライブ中継した。そのほか、8月1日には、新潟県の「聖籠夏まつり海上大花火大会」(約400発)をエフエムしばた×新潟ブロードバンドテレビ×ご当地風景ドットコムがコラボレーションしてライブ中継する予定。また、8月2日、3日には長岡まつり大花火大会(約2万発)を地元の不動産会社が特別観覧席からライブ中継するなど、規模の大小を問わず、地元の「いい席」からの映像が期待できる。

Ustreamでのライブ中継では、中継を楽しみながらツイートすることができるが、Ustreamとは別に、ツイッター上でもユーザー参加型の花火大会が企画されている。

テレビ東京では、7月31日の隅田川花火大会をツイッターで中継するうえ、つぶやきのほか、ユーザーからの画像投稿を受け付けるという。そのほか、静岡県の熱海海上花火大会では、近畿日本ツーリストが、8月11日・19日・22日の同大会を対象に「熱海の夜空に打ち上げたい貴方の大切なあの人ヘのメッセージ」をテーマとしたツイートを募集した。応募者からのメッセージをアナウンスを添えて「メッセージ花火」として打ち上げてくれるようだ。なんというメッセージが打ち上げられるかは、当選者以外当日までのお楽しみだ。

インターネットと花火の融合。花火の楽しみ方も、広がりつつある。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト