ネット界の“旬”なニュースをお届け!

米プレイボーイ誌 ヌードやめて「職場でもどうぞ」

2010.07.26 MON

噂のネット事件簿


www.TheSmokingJacket.comのトップ画像。ちなみに『プレイボーイ』誌は、1960年代半ば、日本国内へ輸入されたものは、ヌードのページが黒い油性のマジック・インキで幅広く塗りつぶされるか、サンドペーパーで削り取られていたとのこと ※この画像はスクリーンショットです
アメリカの有名な成人誌『プレイボーイ』。「最大の売り物で、かつ雑誌のアイデンティティともいわれるのが、若い女性のヌードグラビア」(Wikipedia)という同誌が、20日、ヌード画像がない「職場でも安心」なウェブサイトwww.TheSmokingJacket.comを立ち上げた。

同ウェブサイトは、「ガールズ」「エンターテインメント」「セックス」「ビデオ」「ライフスタイル」の各カテゴリーで記事やビデオなどを掲載している。ちなみに「ガールズ」に収められているのは、ワールドカップですっかり有名になったパラグアイの「胸に携帯電話を挟んで応援する」女性サポーターなど、画像は水着や下着姿にとどめられており、ヌード女性の画像はまったくない。

このニュースに対し、2ちゃんねるでは、反応が薄いことこのうえない。21日にスレッドが立てられたが、2日間経過してもたったの9コメントしかつかないという珍しさ。その理由は、「クリープのないコーヒーなんて!」というコメントに尽きるようだ。

アダルトサイトにカテゴライズされない(はず)の同サイトは、ロイター通信が報じているところによると、「日々のつまらない仕事に対する風刺的な解毒剤」を目指すのだとか。

とはいえ2月には勤務時間中に職場のパソコンでアダルトサイトを見ていたとして、和歌山県教育委員会が、生涯学習局スポーツ課に勤める男性(58歳)を懲戒処分(2カ月減給10分の1)にするなど、「事件」もままある昨今。そもそも職場でのプライベート目的のサイト閲覧は歓迎されないうえに、風当たりが強くなっているので、「職場でも安心」といわれても気軽にみてみようとはならないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト