ネット界の“旬”なニュースをお届け!

鳩山前首相 「裸踊り」の次はメディア批判

2010.07.29 THU

噂のネット事件簿


約66万人がフォローする鳩山氏のツイッター。最新のつぶやきは、「映画『グッドモーニング・プレジテント』を見た」というものだが(7月27日時点)、ここでも「作品の中の日本観に違和感も」とつぶやいており、少々不用意にも感じられる ※この画像はスクリーンショットです
6月半ばに、ツイッターで「私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました」とつぶやき、国民を困惑させたばかりの鳩山前首相が、今度はツイッターでメディア批判を行い、論議の的となっている。

問題となっているのは、21日の

「一般論として聞いてください。メディアがある人物を『様々な危険を想定し、警察は行動を非公開にしています』と言いながら、その人をヘリまで使い追跡しています。ご当人や周囲の安全が心配です。皆さんはメディアの役割と責任をどう考えますか。」(全文)

というつぶやき。これはもちろん、先週末に突如日本を訪れた金賢姫・元死刑囚のことを述べているのだが、たとえツイッターのつぶやきとはいえ、一国の前首相がはっきりとメディア批判を行えば、これが話題にならないはずはない。

当のツイッターやネット上での反応をみてみると、鳩山氏のこの意見はあまり受け入れられず、2ちゃんねるに至っては

「人をイラつかせる才能だけはあるな」
「さんざんマスゴミに擁護してもらっておいて何を言う」
「一般論からすれば、テロリストをVIP待遇することに違和感がある」
「なんというマッチポンプw」
「国内に潜入したテロリストの行方を追跡してるだけでしょ」
「何でこんな事に税金が使われるの? 鳩山!お前全額はらえよ!」

と、ただただ厳しい意見ばかりが書き込まれる始末。とりわけ「メディアの役割と責任をどう考えますか」という部分には

「お前は政治家の役割と責任をどう考えてるんだ?W」
「お前が責任とか役割とか言うなw」

と容赦のないツッコミが入り、鳩山氏のせっかくの問題提起は、ネット上では見事なまでにスルーされてしまった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト