ネット界の“旬”なニュースをお届け!

京都府の国勢調査キャラ「けいおん!!」に決定

2010.07.30 FRI

噂のネット事件簿


ネット上では、「もしポスターとかでたら争奪戦で死人が出るかもな」「たぶんでるだろうなww」という会話も ※この画像はスクリーンショットです
「けいおん!!」といえば、主人公の誕生日にはネット上で誕生会が行われたり、28日には、近江鉄道が豊郷駅など6駅で「記念乗車券・入場券」合計2000セットを発売すると、即時完売するなど、その人気ぶりはすさまじい。そしてさらに27日には「京都府 H22年国勢調査」のイメージキャラクターに採用されることが決まっていた。

そのニュースをネットユーザーたちが耳にすると、まず「けいおん!!」の舞台が京都ではないことを指摘。「記念乗車券・入場券」の場合は、作品に登場する高校のモデルとして、ファンが沿線の豊郷小学校旧校舎(豊郷町)を訪れていることにより実現したものだが、京都府はどこにも出てこない。これは同アニメが京都アニメーションという会社の製作であるためかと思われるが、

「つうか何故に国勢調査なんだw」
「なんかどんどん露出増えてくなあ
本当に社会現象級のアニメになる日が来るのか?」
「もうやだこの国」

と、コメントはどれも微妙な調子。「けいおん!!」のファンも、そうでない人も、どうやらネットユーザーたちは、アニメキャラが公のものに使われることに複雑な心境の様子なのである。

なお、京都府のホームページでは、29日現在、「けいおん!!」のキャラクターがどのように使用されるかは明らかにされていない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト