ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイッター200億件突破にネット住民は不満顔

2010.08.04 WED

噂のネット事件簿


ツイッターの書き込み数を表示するカウンター「Giga Tweet」。これによると、300億件に達するのは124日後の予定だ(8月3日現在) ※この画像はスクリーンショットです
BBC NEWSが報じたところによると、8月1日、ツイッターへのつぶやきが200億件を突破したことが明らかになった。2006年にスタートしたツイッターは、つぶやきが100億件に達するのに3年かかったが、100億→200億件まではたった5カ月で到達した。

しかも、記念すべきこの200億件目のキリ番は、なんと日本人がゲットした模様。 ツイッターで見つけた面白情報や、ツイッター関連のニュースを伝える「ツイッター総研」では、

「なんか私、20000000000番目のツイートしたらしくて。世界中の方からリプきてます…。しかし、こわっ。なにその確率…死ぬんじゃないかな。宝くじよりすごいでしょ?? なんかのいたずらかと思った…」

という本人のつぶやきが報告された。

一方、おもに2ちゃんねるに集う古参のネットユーザーたちは、ツイッターの盛況を快く思っていないようだ。ネット世論をリードしていた彼らの手から、主導権が失われつつあることが数字上からも明らかとなり、2ちゃんねるには

「くだらねぇ・・・」
「2chは1分で3000とかか。ツイッターの方が圧倒的だな」
「すごくどうでもいいです」
「twitterの使いづらさは異常
なんだあれ」

と、ふてくされる意見ばかりが書き込まれた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト