ネット界の“旬”なニュースをお届け!

戒名もソフトで ネット住民オリジナル戒名を考える

2010.08.05 THU

噂のネット事件簿


最近ではメモリアルサイトを作るなど、インターネットでお墓参りができるサービスも続々登場している
お盆の季節。故人をしのぶ季節である。web R25読者のなかにも、里帰りをする人や、お墓参りに行く人もいることだろう。

ところで、仏教の場合、亡くなると「戒名」(法名など他の呼び名もある)が授けられるが、
2日の朝日新聞によると、最近お寺が戒名をつける際、「戒名ソフト」を利用するケースが増えているという。「戒名ソフト」とは、故人の趣味や職業を入力すれば、ふさわしい戒名を提案してくれるものである。

このニュースに対し、2ちゃんねるでは、複数のスレッドが立ち注目を集めている。例えば、お経のCDや卒塔婆(そとうば)に南無阿弥陀仏などの文字を印刷できるプリンターなるものがあるという情報提供がなされたり、
「電脳箱隠遁孤士」
「脇賀院臭臭居士」
「引籠院珍擦居士」
「皮意思惟居士」
「自宅院無収入信士 」
と、オリジナル戒名を考える場になるスレッドも登場。あげく、「2ちゃんねるのIDから戒名つけられたら流行りそうだなw」というコメントも出たが、実際問題としては、「戒名も葬式もいらねぇよ、焼却だけしてくれれば良い」と、おおむね「そもそも戒名が不要」論が吹き荒れた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト