ネット界の“旬”なニュースをお届け!

東国原知事の「単芝」使用つぶやきに賛否両論

2010.08.06 FRI

噂のネット事件簿


100人以上がリツイートした東国原知事の「農水省?微妙w」発言。「w」だけでなく「微妙」という表現を気にする意見も多かった ※この画像はスクリーンショットです
宮崎県の東国原英夫知事(52歳)が、ツイッターで「w」という表現を使い、その是非について議論が巻き起こっている。

問題のつぶやきは7月29日に投稿された「今日はこれから、上京である。国交省、経産省等を回る。農水省?微妙w」という内容のもの。このつぶやきについて知事のフォロワーたちからは、

「知事がwを使うとは思いもしなかった!」
「東国原知事のツイートに草生えてるwww」
「知事の立場でこの表現はあまり適切ではないように思います」

と、知事が「w」を使ったことに驚いたという意見や、適切な表現ではないと指摘する意見などが寄せられていた。

ちなみに「草」とは「w」のことで、複数の「w」が並んでいる様子が生い茂る草に似ていることから、そう呼ばれるようになった。また、同様の意味で「芝」とも呼び、「w」をひとつだけ使うと「単芝」などと呼ばれたりもする。

そんな東国原知事の「単芝」使用について、一方の2ちゃんねるでは、

「単芝くらいどうでもいいだろ」
「草一個くらいでギャーギャーいってるやつはネット黎明期で意識止まってるのかよ」
「Twitterのつぶやきなんだからwくらい別にいいだろw」
「草ぐらい生やさせてやれよwww」

など「特に気にする必要はない」という意見が多かったようだ。

知事という立場の人間が公の場でネットスラングを使うことには賛否両論あるようだが、いずれにしても「w」という表現がそれだけポピュラーになったということだけは間違いなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト