ネット界の“旬”なニュースをお届け!

終戦記念日に韓国からの2ch攻撃計画があった!?

2010.08.17 TUE

噂のネット事件簿


16日になってからも、「結局、8月15日は何事も無く過ぎたなw」と2ちゃんねるのコメントが更新され続けるほど話題となっていた ※この画像はスクリーンショットです
ネット界では、8月15日の終戦記念日に、2ちゃんねるに対し韓国から攻撃があるのではないかという噂があった。根拠となったのは、韓国のWEBサイト『dcinside.com』にアップロードされた画像。韓国の国旗を中心に、「2ch」「8.15」の文字が見える。何かといえば、同サイトの掲示板で「2ch 2010年光復節(編集部註:朝鮮半島が日本による統治から解放されたとされる日)のテロPR」という告知がなされていたのだ。

また韓国メディア・中央日報によると、コミュニティサイト「テロ対応聨合(編集部註:連合)」の掲示板では「8・15、第二次サイバー大戦の準備をしよう。」「8・15攻撃のためにわざわざ加入した」「攻撃方法を教えてくれ」というコメントが多くみられたとのこと。

韓国と日本とのサイバー騒動は、今年3月1日にも例がある。バンクーバーオリンピック閉会式開催日であり、韓国の「3・1独立運動」の記念日でもあった同日、2ちゃんねるのサーバーが午後からダウン。原因は、韓国のネットユーザーが、大規模なサイバー攻撃を行ったためとみられている。2ちゃんねるのサーバーは米サンフランシスコに設置されており、同じ管理会社のサーバーには米政府機関に関係するものも含まれていたため、米FBIやサンフランシスコ市警が捜査に乗り出すという大騒動にまで発展したのだ。

一方、ニュースサイト『サーチナ』は韓国のネットユーザーのなかには、「このような争いに参加しないように」「このようなことをする時間があれば本を1冊でも読み、国力を伸張させるために学ぶべき」といった、自制を促すコメントをポータルサイト『ruliweb.com』に投稿している人もいるとも伝えた。

過去にFBIが出動するなどの大騒動になってしまった経緯から、当の2ちゃんねるでも話題にならないはずはなく、韓国のネットユーザーがどのように攻撃をしてくるのか、住民たちは冷静に見守っていた。そして問題の15日には、朝から

「当 日 と な り ま す た」
「全然こないんだが・・・」
「あれ、2ちゃん繋がるね?」

と今か今かと話していたものの、時刻は昼過ぎに。

「お昼になってもまだ来ないってことはほぼ来ないで確定なのかな」
「ホントにやってんのかねって言うくらい静かだな 」
「いつになったら始まるの?」
「未だ準備中なのかぇ?(´・ω・`) 」

さらに15日が終わろうとするころには、

「(´・ω・`)<あと2時間だけだお」

などとまったりしているうちに、どうやら大したダメージはないまま事件は収束したようだった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト