ネット界の“旬”なニュースをお届け!

NHKと日テレがツイッターで罵り合い

2010.08.17 TUE

噂のネット事件簿


じゃれ合っているだけとの見方も ※この画像はスクリーンショットです
日本テレビのマスコットキャラクター「ダベア(@nittele_da_bear)」とNHK広報局(@NHK_PR)のツイッター上での応酬が、話題を呼んでいる。ロケットニュース24によると、ことの発端は、いちユーザーの投稿。「結果として二人とも(編集部註:それまでの話の流れから、NHKとTBSを指す)ツンデレなりひねくれのようだけれども、 ダベアは何になるのかな?」というつぶやきに対し、@NHK_PRが「毛です」と答えたことによる。NHKとTBSが「ツンデレなひねくれ」、と表されているのに、「毛」というたった一文字で済まされた@nittele_da_bearは、「扱いおかしくないか!」と憤慨。さらに続く議論のなかで、NHKのことを「真面目に腹黒いんですよね。」と言うなど、怒り心頭に発している様子なのだ。

その後も

「1日に2回は正確な時刻をさすことが出来ます。1日中しっぱいばかりのダペアちゃんとは、ちがうんですよーだ」(@NHK_PR)(原文ママ、@NHK_PRのアイコンが時計のため、ダベアからチクタクとも呼ばれている)
「ボクは一日中クマなのでずっと成功してるんですう。いつ失敗したというんですかあ。何時何分何秒地球が何回回ったときー」(@nittele_da_bear)

などとケンカは続き、ダベアについてはその毒舌ぶりが、フォロワーから「怖い」という声が寄せられる始末。

ところが、同ニュースサイトがこの二者の応酬を取り上げるや、ユーザーからは、

「何事かと思ったら、ケンカするほど仲がいいチクタク @NHK_PR とダベアのことね」

という投稿が。それに対し、ダベアは

「こういう取り上げられ方は歓迎ダベア。ケンカというか、コンビ『銀座線』の漫才ですがね。」

と答え、また

「リアルな知り合い同士で、実は仲が良い、という裏があると良いのですが(笑)」

という投稿に対しては、

「仲良しですよ!」

と返すなど、「ケンカするほど仲が良い」と、実は仲が良いことをアピール。ケンカをしているように見えていたのも、ツイッター上だけだったのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト