ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイートのコピペはアリかナシかで熱い議論勃発

2010.08.18 WED

噂のネット事件簿


引用を意味するRTの表記なしに他人のつぶやきをコピペすることを「マナー違反」と感じるツイッターユーザーは多いようだ ※この画像はスクリーンショットです
今、ツイッターでちょっとした話題となっているのが「コピペ問題」。他ユーザーの投稿したツイートをそのままコピペしてつぶやくことの是非について、いろいろな意見が交わされている。

きっかけになったのは、あるユーザーが投稿したファストフード店での女子高生の会話に関するツイート。これが別ユーザーによって、引用を表す「RT」の表記のない形でまるまるコピー&ペーストされ、その行為に対し別ユーザーが「誰がオリジナルのなの?」「文章ネタもリサイクルされる時代になったのかー」との意見をつぶやき、そこから議論へと発展した、という流れだ。

ツイッター上に投稿された、「コピペはアリ」とする意見の代表的なものをあげると、

「面白い話を伝播させるのもTwitterの醍醐味」
「小説からパクってるならまだしも、こんなとこまで著作権をうるさく言うのはお門違いに近いと思います」

といった感じ。一方「コピペはナシ」という意見は、

「人の体験談をそのままコピペして楽しいのかな」
「コピペする事により元発信者へのコミュニケーションの場を奪ってしまうのが、個人的には問題な気がするんだよね」
「ルールは存在しないがやり方として非だろう」
「元postを記さずに転載したのが『ワロタw』とか言われたり100回以上RTされたりしてるのはなんだかなあと思ってます」

など、「ナシ」の方が多数派を占めているようだ。ちなみに2ちゃんねるでの意見をのぞいてみると、

「つぶやきくらい自由にさせてやれよ。コピペでもいいじゃん」
「肝心のコピペされてるネタがつまんないってのはどういうことなの」
「書くネタない奴がわざわざツイッターするなよ」
「なんか自然発生的に縛りのあるルールができてて新参が入りにくいわ」

と、ツイッター上で交わされているものとは全く異なる意見が次々と飛び出していた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト