ネット界の“旬”なニュースをお届け!

グーグルマップで家探し 不動産検索がスタート

2010.08.20 FRI

噂のネット事件簿


「都内」「~6万円」の条件で不動産検索した結果の画面。人気の港区、渋谷区は見事な空白地帯に ※この画像はスクリーンショットです
検索大手のGoogleは12日、同社が提供する地図検索サービス・Googleマップ上で、不動産物件の検索ができるサービスを開始した。

使い方は、まずGoogleマップのページに飛び、検索窓に「不動産」「賃貸」などのキーワードを入力すると、検索項目を入力する画面が登場する。検索条件は「価格」「物件タイプ(マンション、アパート、一戸建て)」「間取り」「広さ」「こだわり条件(追焚、風呂トイレ別、CATV、フローリング、エレベーター、ガスコンロ、ペット可etc.)」などで絞り込むことができるので、項目ごとに希望する内容の条件を入力すると、それに合致した物件がGoogleマップ上に表示される。このサービスは、Googleが不動産情報サービスのジアース(大阪市)と協力して実現したもので、全国で約100万件の物件が掲載されている。

そこでこの新機能を使い、本サービスに掲載されている賃貸物件のなかにおける都内で最も高い物件と安い物件を探してみよう。まずGoogleマップに都内全域を表示させ、「家賃100万円~」と入力すると、都心部、城南地区などで56件がヒット。「200万円~」では3件に絞られ、最高値は大江戸線大門駅徒歩3分のマンション、月302万円だった。次は安い物件。「~4万円」と入力すると、山手線内からは物件の表示がほとんど消え、2万円以下の物件は都内に3件。最も家賃が安い物件は、JR常磐線・金町駅徒歩19分のマンション、月1万500円だった(いずれも8月19日現在)。

このように家賃設定を上げたり下げたりして検索することで、都内の家賃勢力図がひと目で分かるのもこのサービスの面白いところ。検索してみると、23区内でもまだまだ「2LDKで7万円台」というような物件もゴロゴロあるので、いろいろな条件を入力して、掘り出しモノの物件を見つけていただきたい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト